淀 貴彦

(よど・たかひこ)

1991年10月1日、大阪市天王寺区出身。2015年にブラジル留学団体を通じて初渡伯し、某日系飲料会社で1年研修留学を行った。16年に一度帰国し、東京にて約3年オフィス家具のリユース会社で営業として勤務。留学後に掲げた「30歳までに再渡伯し、よりブラジルを知り成功を収める」事を目標に20年3月に再渡伯、ニッケイ新聞日系社会面記者として勤務。

(2021年7月 更新)

sports ja

東京五輪・日本生まれの柔道ブラジル代表 - エドアルド・ユージの挑戦 - その2

その1を読む >>

国籍の壁にぶち当たり“見知らぬ母国”へ

高校卒業後、国際武道大学に入学。1年生の時に関東学生大会で2位に入賞した。本来なら国際大会への登竜門「講道館杯」の全日本ジュニア大会へ出場できるはずだったが、ブラジル国籍だったことが理由で出場権が剥奪されたという。

「両親共にブラジル国籍。その流れで自分もブラジル国籍。国籍は20歳になると選ぶことができるけど、当時はまだ19歳だったので、選択権がなく自動的に講道館杯の出場権が無くなりました。その時は、仕方ないと思いつつもショックでしたね。その国籍の問題もあり将来のことも不安になりましたね。日本で柔道をしてきた人は引退後、教師や警察な…

続きを読む

sports ja

東京五輪・日本生まれの柔道ブラジル代表 - エドアルド・ユージの挑戦 - その1

13日静岡へ「メダル持ち帰る」

「両親やお世話になった人、仲間の想いを背負って、なんとしても金メダルをブラジルに持って帰ります。ぜひ日系社会の皆さんも応援してください」――東京五輪柔道部門への出場を控えるエドアルド・ユージ・サントス(Eduardo Yudy Santos)さん(26歳・三世・2段)は、日本人のような日本語でそう意気込みを語った。いよいよ23日から始まる「東京オリンピック・パラリンピック」を前に、柔道部門にブラジル代表として出場する、日本生まれ・日本育ちの三世のエドアルド・ユージ・サントス選手を6月24日に取材した。

同選手はサンパウロ市にある名門スポーツクラブ「ピニェイロス(Esporte Club…

続きを読む