坂本 麻子

(さかもと・あさこ)

1998年にメキシコで日本語教師としてスタート、その後、アメリカと日本で、主に日系人を対象に日本語教育に関わる。大学院では、在日日系南米人に関わる諸問題を通して、日本の血統主義について調査、研究。2014〜2017年、JICA日系社会シニアボランティアとしてブラジルへ赴任。現在は、日本国内で日本語教師として活動している。

(2017年10月 更新)

identity ja

アマゾンの日系社会

第10回 ふるさと

兎追いしかの山 小鮒釣りしかの川夢は今もめぐりて 忘れがたき故郷 如何にいます父母 恙なしや友がき雨に風につけても 思い出づる故郷 志をはたして いつの日にか帰らん山は青き故郷 水は清き故郷 ― 唱歌『ふるさと』 任期最後の年、3度目のトメアスー敬老会。トメアスー文化農業振興協会とアマゾニア日伯援護協会が中心となって行われ、多くの家族が一同に会して、地元のおもに日系一世である高齢者の健康と長寿を願う。ベレン領事事務所所長や振興協会会長などが挨拶をされ、日本語学校の生徒たちの歌、女性グループによるコーラスや日本舞踊など、いろいろな出し物が披露される。そして、トメアスー婦人会の手作り弁当も振る舞われる。 3度目にして初めて会を終了するまで見届けることができた。最後に参加者全員で記念写真を撮り、そのあと毎年恒例の「ふるさと」を合唱。全員で手をつないで円になって歌う。事前の打ち合わせなどはないのに、音楽が流れ始めると、全員が自然に輪になって隣の人の手を取る。私たちボランティアもいつの間にかその中にいた。幼いころから何度も歌い、慣れ親しんできた歌である。歌詞を見なくても言葉は出てくる。しかし、このときほど詞の意味を強く感じたことがあっただろうか。遠くを見つめて歌うみなさんの視線の先にあるもの。一つひとつの言葉がそこから紡ぎ出されるかのように感じられ、琴線に触れた。 …

続きを読む

community ja

アマゾンの日系社会

第9回 高拓生の熱き思いはいつまでも

JICAボランティアの任務が終わった。帰国前は数か月間、活動終了に向けて追い込みをかけるようにあちらこちらの学校を巡回した。帰国してからは諸々の手続きやら就職活動やらに追われ、3か月が過ぎた今、ようやく落ち着きを取り戻した。最後に寄稿してからだいぶん時間がたったが、任期中、「書きたい」とずっと思っていたことがある。「アマゾンの日系社会」と題する本コラム、それを語る上で忘れてはならないことである。幸い、任期後も執筆を続けることを許していただけたので、今回はぜひそのテーマについてお話したい。 「安井さん、『宇宙』はどうですか。ご主人もお喜びになるんじゃないですか。」 「あら!それ、いいわ!それにします!」 満面の笑顔で半紙に向かわれる姿は、とても微笑ましかった。高拓生第4回生安井宇宙さんの妻信子さん(83歳)は、私が講師をさせていただいていた書道教室の生徒さん。文化祭で展示する作品の字を何にするか決めるときに、私のアイディアを採用してくださった。普段ご主人のことはあまりお話にならないが、このときの様子から、ご主人への愛情の深さが窺えた。 「高拓生」、任期中に何度も聞いた言葉だ。「高拓」とは「国士舘高等拓殖学校(後に『日本高等拓殖学校』と改名)」で、アマゾンの開拓を目的に1年間日本で学んだ後に移住した学生を「高拓生」と呼ぶ。学校は、1930年に当時の衆議院議員だった上塚司によっ…

続きを読む

community ja

アマゾンの日系社会

第8回 トメアスーの農業

「ここにアマゾン移民が最初に着いたんですよ」 CAMTA(トメアス総合農業協同組合)元理事長の坂口渡フランシスコさんが教えてくださったのは、アマゾン川支流にある小さな川岸。ここに43家族189人が到着したのは、1929年のこと。彼らがはじめにとりかかったのはカカオの生産。アマゾン開拓のために、日本政府の指示を受けた鐘淵紡績株式会社が出資して設立した南米拓殖株式会社とともに取り組んだ。1931年にはアカラ野菜組合が結成され、野菜や米作りも手がけるようになったが、熱帯病患者の増加と熱帯農法の知識不足によるカカオ栽培の失敗で、南米拓殖株式会社は撤退せざるを得なくなった。 植民地を自ら運営することになった入植者は、組合をアカラ産業組合に改組。自分たちの生活を支えるべく農業に勤しんだが、その後、マラリアが蔓延したことで多くの人がトメアスーを離れることとなった。 戦時中も戦禍が組合事業にまで及び苦しい状況が続いたが、終戦後、トメアスーの歴史を語る上で忘れてはならない大きな出来事があった。1930年代にシンガポールより持ち込まれた胡椒が、莫大な富を生んだのである。「黒いダイヤ」は多くの入植者の生活を潤わせ、「胡椒御殿」が建ち並んだと言う。 しかし繁栄は長くは続かなかった。1960年代に入ると、病害によって胡椒は壊滅的な打撃を受け、再び多くの人が新たな栽培地を求めて移転することになる。 …

続きを読む

community ja

アマゾンの日系社会

第7回 アメリカ人青年、74年の歳月を経て再びトメアスーへ

「一昨日、すごいことがあったんです!戦時中にトメアスーへ来たアメリカ人が、野球ボールを持って来てくれたんです!」・・・そう興奮しながら話すのはパラー州のトメアスー文化協会の乙幡敬一会長。「野球ボール?」と聞くと、「映画になるような、感動的な話」とニコニコしながら話し始めた。 1942年、サンパウロの大学に留学していたアメリカ人ジョルダン・ヤングさんは、第2次世界大戦が始まったことを知り、帰国手続きを始めていた。船便の順番待ちをしていたときに、大使館から依頼された、ロックフェラー財団によるブラジルの労働条件の調査の仕事でいくつかの地方を回り、最後にアマゾン地方の調査のためトメアスー日本人入植地へ向かった。 敵国である日本からすでに多くの人が移住していた日本人入植地へ行くのは、とても怖かったと言う。そして、硬い表情をして待ち構えていた日本人の中には、小銃を持っている人もいたようで、ジョルダンさんの緊張はさらに高まったそうだ。 しかし、訪問の目的を知った日本人たちは調査に非常に協力的で、日が経つごとに緊張も和らいでいった。そして、両国で盛んなスポーツである野球が共通の話題となり、お互いの距離はさらに近づいていった。 数日間の滞在の後、サンパウロへ引き返すことになった彼に、ある日本人が「ここには野球ボールが少ししかない。なんとか調達してもらえないだろうか」と依頼。ジョルダンさ…

続きを読む

education ja

アマゾンの日系社会

第6回 カスタニャール日本語学校 歴史をたどる

鍵のかかった扉を開けてもらい中に入ると、少しひんやりとしている。電気は切れているが、外からの日差しで充分に明るい。まず正面に校歌と校訓。右側の壁には初代校長信重時晴先生の肖像画。左には職員室。埃はかぶっているが、積み上げられた教材はどれも今でも使えそうなものばかり。六つほど教室があり、一つは木の床でできていて歩くと所々でミシッという音がする。いろいろな機材もそのまま残されており、そこにいると、子どもたちの元気な声が今にも聞こえてきそうだ。 「昔の校舎に教材がたくさんあるから、一度、見に来てください」と、元校長の山瀬楢雄先生に言っていただき実現した旧校舎見学。どんな先生方がおられたか、何人ぐらい生徒がいたか、どんな活動をしていたかなど様々なことを山瀬先生からお聞きし、活発に学校を運営されていたころの様子を窺い知ることができた。 1923年にパラー州知事となったデイオニジオ・ベンテス氏が、当時の駐ブラジル日本大使田付七太氏に開拓目的の日本移民受け入れを持ちかけ、田付氏がこれを承諾したことを機に、アマゾンへの日本人入植の準備が開始された。入植者は徐々に増加したが、終戦時にカスタニャールに残っていたのは2家族のみ。しかし、1955年に戦後初の移住がスタートしてからは、また少しずつ増えていった。 ベレン市に汎アマゾニア日伯協会が1958年に設立された後、その支部として郊外にカスタ…

続きを読む

この筆者が寄稿しているシリーズ