エンリケ・ミナトガワ

(Henrique Minatogawa)

ジャーナリスト・カメラマン。日系三世。祖先は沖縄、長崎、奈良出身。奈良県県費研修留学生(2007年)。ブラジルでの日本東洋文化にちなんだ様々なイベントを精力的に取材。(写真:エンリケ・ミナトガワ)

(2020年7月 更新)

 

culture en pt

TV With Grandpa

My maternal grandfather was born in Japan, in Nagasaki prefecture. In Brazil, he lived in the countryside, very far away from my home in Sao Paulo.

When we travelled to visit him (in the ’80s and ’90s), the planning always included a stop to buy Japanese language newspapers and some VHS tapes.

At that time, those tapes were the only way to watch Japanese programs in Brazil. There was no internet as we know it today, and cable TV was in its first (slow) steps in the country.

I assume the process was something like this: someone, in Japan, recorded …

続きを読む

media en pt

Nipo-Brazilian radio waves

In Brazil, currently, there are two radio broadcasters dedicated to Eastern culture, especially Japanese.

Rádio Nikkey is the oldest of them, operating for more than 20 years. Nowadays, the program is broadcasted as part of Rádio Imprensa and on the internet.

More recent, Rádio Banzai was called Rádio Fenix in its early days in 2005. Officially bearing its current name, the station has been broadcasting since 2007, always on the internet.

Brazilians of all origins

The programming of Rádio Nikkey is done in Portuguese by announcer Paulo Miyagui, 66 years old, a second generation Nikkei; and in Japanese by announcer …

続きを読む

food en pt

Ramen for Lunch in São Paulo

Starting from the mid-2000s, with the increasing success of Japanese anime, manga, soap operas, and movies in Brazil, a certain food began to draw the audience’s attention.

It is a steamy broth involving noodles and some other ingredients: ramen.

The Liberdade district, in São Paulo, is a great concentration of Japanese restaurants. Currently, there are three shops whose specialty is ramen.

Strong seasoning

We visited the newest one, called Ramen Ya, which opened in February 2014, to know a little about what it is like eating ramen in São Paulo.

“The non-Nikkei Brazilians prefer the stronger seasoning ones, like tantanmen and …

続きを読む

identity en ja es pt

Nikkei Chronicles #3—Nikkei Names: Taro, John, Juan, João?

「J.」の意味について

子供の頃、自分の名前は長いと思っていたので、ミドルネームを省略し、「Henrique J. Minatogawa」と書いていた。

大人になってもそのように書いていると、友人からよく「J.」の意味を訊かれた。テレビアニメシリーズ「ザ・シンプソンズ」で、自分のミドルネームを知りたいホーマーを思い出させた。

「J.」は「José」だと言うと、信じてくれない人がほとんどだ。大半が「Jun」だと思い込み、結局、身分証まで見せることもある。

私は日本の名前を持っていない。日系人の友人は、皆、ブラジルの名前を持ち、そのほとんどは、ユキオ、ツヨシ、ヒロ、タケシ、ヒデキ、マサオ、エイジといった、日本のミドルネームをも持っている。

子供の頃、なぜ私には日本名がないのかと両親に訊いたことがある。父親の説明によると、沖縄出身の我が家には、代々、男性名は「モ」で始まる決まりがあるということだった。だから、伯父たちは「モエイ」、「モジョ」、「モウキン」、「モハン」と「モイチ」という名前だ。

我が家でのもう1つの決まりは、親戚の中で同じ名前を付けないこと。1980年代のブラジルでは、「モ」で始まる珍しい名前は、奇妙な響きであったかも知れない。今と比べると、当時のブラジルでは、日本文化は、そんなに知られていなかったし、受け入れられてもいなかった。

そのため、両親は私に嫌な思いをさせまいと、日本の名前を付けなかったようだ。学校で変わった名前を持つ人は、しょっちゅう、教師に間違った名前で呼ばれていた。

今でも、私は、店のサービスカウンターや銀行、学校などで、フルネームを言うと、名前をもう一度聞かれるか、スペルを言うか、自分で書いて見せることが多い。だから、両親が私に日本名を付けなかった理由が分かる気がする。

両親は日本の名前を持っているが、それは公式には登録されていない。第二次世界大戦の直後に生まれた日系二世の多くはそうだと思う。祖父母は子供のブラジル社会へのスムーズな同化を望んで、そうしたのだと思う。

皮肉なことに、日本に住んでいた頃、僕の名前「Henrique」は好奇の的だった。まず、友人たちはブラジル語では「H」を発音しないことを知らなかった。もう1つ、「qu」をどう発音して良いかをわからなかった。

「エンリケ」はゲルマン語が起源で、ポルトガル語、フランス語、英語にも派生しているが、日系人の間ではあまり使われていない。今までに、2人の「エンリケ」にしかあったことがない。

仕事では、「Henrique Minatogawa」とだけ使っている。このほうが便利だからだ。でも、父親の名が「José」なので、私は自分のミドルネームは気に入っている。

いつか子供が出来たら、西洋と日本の名前を両方選ぶつもりだ。実は、この2つの名前はすでに決めているが、まだ秘密だ。

しかし、日系人は苗字の他に更に日本名を持つ必要はないと思う。

いろいろな起源の名前を選択できることはとても面白いと思う。名は体を表わすというように、ついには「あなたは『エンリケの顔』だ」と、言われるようになった。

 

続きを読む

media en pt

Nikkei actors in Brazil: Japanese descendants share experience in the profession

During the early years of Japanese immigration in Brazil, Japanese workers dedicated themselves to activities related to agriculture. Then, branching out into trade and other jobs.

Nowadays, Japanese and their descendants (called Nikkei) are in almost all working fields. Although in small numbers, today, it is possible to see them on TV, cinema, and theater.

Family concerns

[inline:Camila Chiba 1.JPG]

“Since I always had a conscious attitude in what I do, they always encouraged my decisions. However, the concern about money and the instability also existed,” says actor Marcos Miura, 40 years old, third generation Nipo-Brazilian.

Marcos graduated in Marketing …

続きを読む