ジョルジ・ナガオ

(Jorge Nagao)

1952年生まれ。サンパウロ州ヴェラ・クルス出身。サンパウロ市居住。80年代、新聞「Folha de São Paulo」のユーモアページや有名なユーモア週刊誌「Pasquim」に投稿。2010年から 「Nippak/Brasil新聞」のコラムニスト。www.algoadizer.com.br にもコラボ。


(2014年11月 更新)

community pt

Nikkei Chronicles #5—Nikkei-go: The Language of Family, Community, and Culture

Nihongo vai e vem

Tadatoshi e Setsuko, meus pais, chegaram à capital paulista, vindos de Vera Cruz, interior de São Paulo, em 1955, com 5 filhos. 

Depois de uma breve passagem por uma casa na zona leste, no distrito de Ermelino Matarazzo, meu pai adquiriu um mercadinho/mise, próximo dali.

Como os fregue…

続きを読む

identity en ja es pt

Nikkei Chronicles #3—Nikkei Names: Taro, John, Juan, João?

日本名について

日本名の響きは、ブラジル人にとって、奇妙に聞こえる。最初の移住者は自分にもブラジル名を選んで、子どもにも「ガイジン1」の名前を付けた。こんな小話もある。一世の父親が息子に名前を付けるとき、友人が「アントニオかジョアオンかカルロスを提案するよ」と言うと、「提案する」というポルトガル語「sugiro」を名前だと思い、その3つのブラジル名を無視し、息子に「スジロウ」と名付けた。

私の友人シゲル・イエツグが新しい上司に自分の名前を何度言っても、上司は、どうしても聞き取れなかった。仕方なく、部下を「パウロ」と呼ぶようにした。

日系人だったら、自分の名前にまつわる可笑しいエピソードや当惑させられた経験など必ずあるはずだ。だから、…

続きを読む