『ジャイアント・ロボット』の由来(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) 『ジャイアント・ロボット』。なんかすごい名前ですよね。どうしてその名前を選んだのという質問が1番多いんですよ。『ジャイアント・ロボット』っていう名前は、単に僕らが大きいロボットとかロボットのパーツが好きだって事と、アジアのロボットはでかくてパワフルだけど大体いつも人間にコントロールされてるっていうイメージがあって、その点、アメリカのロボットは自力で動く(缶の)ゴミ箱みたいな見かけの本当に小さいロボットで、自分で動いたりするんだけど、道化師みたいなんですよね。だから自分達はどちらかというとアジアのロボットの方が良くて、それで、『ジャイアント・ロボット』っていう名前にしたんです。

日付: 2005年11月27日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジョン・エサキ、ジャニス・タナカ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

giant robot publications

ここでは、オーラル・ヒストリーインタビューに必要な基礎知識をご紹介します。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館


主な援助
日本財団