『青い目の人形』

テンサイ農場で学んだ農作業(英語) 仏教寺院と地方の学校で受けた教育(英語) 『青い目の人形』

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)当時のナイトクラブは、クラブごとにいろんな余興をやっていたんですね。お客さんにも何かできるか聞いたりしてね。それで私はその機会を利用して、「私、歌います。」なんて言ってたんです。(笑)

I*:それで、どんな曲を歌いましたか?

そうですね、お客さんに合わせて選曲してました。客層を見て、楽しんでくれそうな曲を選びましたよ。日系人がお客さんの時は、日本語の歌を歌ってました。

I:日本語の曲も歌ったんですね。

ええ、そうですよ。私がすごく好きだったのは、あれは確か、国際親善のためにアメリカが日本に送った人形の歌でしたね。

I:それはどんな歌ですか?

ええとね、どんな風だったかしら?いつも歌っていたんですけどね。今はちょっと声が出ないわ。ああ、青い目の人形、でしたね。

(歌)
青い眼をした お人形は
アメリカ生れの セルロイド

日本の港へ ついたとき
一杯涙を うかべてた

「わたしは 言葉がわからない  
迷ひ子になったら なんとせう」

やさしい日本の 嬢ちゃんよ
仲よく遊んで やっとくれ 
仲よく遊んで やっとくれ

この曲は忘れられないですね。

*「I」はインタビュアー(アケミ・キクムラ・ヤノ)

日付: 2005年12月6日
場所: 米国、オレゴン州
Interviewer: アケミ・キクムラ・ヤノ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

goodwill dolls music

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館


主な援助
日本財団