人材育成をやってきたことが誇り

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

  • ja

私がもうひとつやったことは、日本ブラジル交流協会というものがありまして、そこは1981年から2005年まで25年間で750人の日本人の学生をブラジルに連れてきて、1年間働きながら勉強するということをやったんですね。私はそのうちの約30人を引き受けましてですね、奨学金を出して勉強させました。

そうですね、玉石混交というか、いいのもいればそうでないのもいて、30人のうち3人は日本で博士課程を取り、3人は大学の先生になりましたね。外務省に入ったのもいれば交流基金に入ったりとか。私の一生のうちでもし自慢できることがあるとすれば、そういう教育というか、人材育成をやってきたということじゃないでしょうかね。移民資料館の仕事も重要だったし、CIATEの日本に働きに行くブラジル人たちの支援というのも大事だったと思いますけど、誇りにできるものは教育関係、人材育成ではなかったかなと思うんですね。

日付: 2019年9月19日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 西村 陽子
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

Brazi Exchange Students Japan youth

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館


主な援助
日本財団