フサガスガ強制収容所での祖父の話(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)ありがたいことに、政府は祖父たちに良くしてくれたそうです。祖父は何かを貰っていたと聞いています。それが何だったのか正確には覚えていませんが、お酒が飲みたかった祖父は、それを集めて禁止されていたお酒と交換したそうです。祖父はそれらを集めて、他のものとも交換しました。制限付きの外出などもしたそうです。

収容者たちは行いが良ければ、フィールドトリップにも連れ出してもられたというような話も聞きました。祖父は訪れた公園かどこかの美景に感銘を受けたそうです。

また、祖母が祖父に日本語で手紙を書いていたという話も聞きました。それには、事前に打ち合わせしてあった事ですが、家族がかかったという仮病についてよく書かれており、スペイン語のメモが添えてあったようです。看守はそれを見て、例えば、私の母がとてもひどい病気で手の施しようがないい状況というのを知るのです。そして祖父は一時放免され、家族に会いに行く許可を得たのです。祖父は15日間帰宅し、その後強制収容所に戻りました。だから頻繁に病気や一大事よそおい、そのたびに帰宅が許可されたようです。

日付: 2019年9月22日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 西村 陽子
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

camps colombia World War II

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館


主な援助
日本財団