8 移民を授業する - 日系アメリカ人の記憶から学ぶ: 吉永道也ジェイムスさん

Licensing

日本の学校で使用する教材作成のために、全米日系人博物館でボランティアガイドをしている吉永道也ジェイムスさんにインタビューをしました。8歳から23歳まで日本に滞在し、戦後帰米しアメリカ陸軍で2年間を過ごされました。率直に語られる言葉が印象的です。

>> インタビュー記録の印刷 (PDF)

© 2008 多文化社会米国理解教育研究会

Slides in this album 

不合理な日系人強制収容

日系人強制収容の出来事については、戦時中は日本に居て実際に体験していないけれど実に不合理だと思います。日本と日系人に対する偏見をもった利権と政治家に悪用されたのです。民主主義と自由平等をかかげる国アメリカとして、許せないことです。

Topaz Internment Camp
Contributed by: Nekesu

多文化家族

長女は薬剤師ですが、フィリピン系の心臓医と結婚して2児の母、次女は法律事務所勤務でドイツ系の泌尿科医と結婚しています。

James Yoshinaga with daugthers
Contributed by: yn

アメリカに渡ろうとする日本人へ一言

日本語をもっと大切にしてしっかり勉強して欲しい。日本語にある言葉まで代用されている和製英語を聞くと背筋が冷える思いです。

日系アメリカ人の個人史をつむぐ - 吉永道也ジェイムスさん
Contributed by: team-nikkei-usa

吉永道也・ジェイムス

ロサンゼルス生まれ。1937年、8歳の時ロサンゼルスから両親の出身地である鹿児島に家族と共にに移住。旧制鹿児島工業専門学校建築科(現鹿児島工大建築学部)卒業後1952年、23歳で15年ぶりに単身帰米。翌1953年米国陸軍に召集され、2年間韓国で米陸軍第八軍団付の情報部員として勤務し、1955年6月に除隊。除隊兵に交付される奨学金を利用してカリフォルニア大学バークレー校建築学部に入学。建築学を専攻1959年卒業。卒業後38年間ロサンゼルス市の都市計画局に勤務し、1999年に退職する。

James Yoshinaga: Korean War 1955
Contributed by: yn

Album Type

lesson plan

team-nikkei-usa — Última actualización Jun 28 2021 1:49 a.m.


Reciba novedades

Regístrese para recibir actualizaciones por email

Journal feed
Events feed
Comments feed

Colaborar con el proyecto

Descubra a los Nikkei

Discover Nikkei es un espacio para conectarse con otros y compartir experiencias nikkei. Para que siga creciendo este proyecto necesitamos tu ayuda!

Manera de colaborar >>

Proyecto Japanese American National Museum


Principal patrocinador The Nippon Foundation