The Japantown in Brazil

The Bairro Oriental (Oriental neighboorhood) of São Paulo - living within the chaos of its walls, the same question crossed my aching mind. ‘Why did these Japanese people traverse the ocean and build a town for themselves half way cross the planet?’ In this column, the author conveys the history and current state of the Japantowns in Brazil he has visited, while simultaneously being conscious of the above question.

community en ja pt

Chapter 5 Pinheiros District - The Setting Sun of a Japantown

In and around São Paulo city, there are many areas referred to as “Japantowns.” Before and after World War II, the area known as the “Conde District” was the largest of the Japantowns. The Pinheiros Region followed in Nikkei population with around 200 Nikkei residents (Hanada, 1970, p.573). And after that, the area around the Municipal Central Market, which was named “Cantareira-gai” after the street (Reference Map 5-1).

The Pinheiros District is around 7km from the city center and from long ago, functioned as an inn town along the highway towards Sorocaba and Paraná. From the 19th century, …

lea más

community en ja pt

Chapter 1 The Conde District - Brazil’s First Japantown - 1) Origins

São Paulo is a city of hills. When walking around Centro, the downtown area, you may be overwhelmed by the numerous slopes and wonder why a town was built in an area with so many hills.

On January 25, 1554, Father José de Ancheta, along with 13 other Jesuit priests, established a town with Saint Paolo as its guardian angel on the Piratininga plateau (FAUSTO, 1994, p.93). The town was built at the top of the hill in order to protect against a feared Indian attack.

Since then, São Paulo expanded along the surrounding hills, centering around the town built …

lea más

community ja

第15回 (最終回) — 日本人街の現在と明日

サンパウロに行けば、「日本」に会える。サンパウロから約1000キロも離れた内陸ブラジリアの若者たちには、そんな共通認識がある。その「サンパウロ」は、ばくぜんと東洋街を指しているようだ。

今年2008年5月22、23日に行われた日本人カブキ・ロック・アーチスト雅(Miyabi)のコンサートには、筆者の教え子たちもブラジリアか ら駆けつけた。会場は東洋街エリアの中心の一つ、日本文化協会の大講堂だったが、チケットは1200席全席が二週間前に完売したという。文化協会前では、 コンサートの三日前から席取りのための長い列が見られたほどの大人気だった。地方から東洋街にやってきた雅のファンたちは、コンサートに熱狂した後の興奮 を持...

lea más

community ja

第14回 華人系・韓国系の東洋街進出

最近、サンパウロ東洋街でよく耳にするのは、「ここが日本人街だったのは昔の話。今は中国人や韓国人ばっかりになってしまった」という日系人の嘆きであ る。繁体字や簡体字の看板だけ見て歩いても、華人系商店の進出のいちじるしさがわかる(写真14-1)。実際、ブラジル日本文化協会の古びたビルの、交差 点をはさんで斜め向いに2005年に建設されたブラジル客家活動中心(地上4階・地下3階)のモダンな姿は、東洋街における華人系プレゼンスの増大を視覚 的にも象徴している観がある(写真14-2)。

筆者が髪をカットしてもらっているコンセリェイロ・フルタード通りの若い理容師さんも、広東出身の華人ニューカマーである。ポルトガル語は、...

lea más

community ja

第13回 カンタレーラ街-消えた日本人街-

以前にも述べたように、サンパウロには、「日本人街」と呼ばれたいくつかのエリアがあった(本連載第5回ピニェイロス地区参 照)。戦前から戦中にかけては、「コンデ界隈」と呼ばれたエリアがもっとも規模が大きく、ついでピニェイロス地区、その次が市立中央市場(Mercado Municipal=メルカード・ムニシパル)の周辺で、通りの名を取って「カンタレーラ街」と呼ばれていた(地図5-1参照)。

カンタレーラ街には、かつてコチア産業組合など日系産業組合や個別の仲買商の販売所、各種日系商店、同仁会診療所、日系ペンソン(旅館・食堂を兼ね る下宿屋)などが集中していた。このエリアには、リベルダーデ地区やピニェイロス地区の日本人街...

lea más

Etiquetas

Brazil Conde Cooperativa Agrícola de Cotia japantown Pinheiros sao paulo