Toshiro Obara

メキシコ生まれ日系メキシコ人二世。筑波大学卒業後、ボストン大学大学院進学。国際関係学修士。現在はロサンゼルスでReiyukai Americaにて事務局長として勤務。

(2015年10月 更新)

identity ja

Crónicas Nikkei #5—Nikkei-go: El idioma de la familia, la comunidad y la cultura

三人の子どもたちへ —お父さんの多言語生活体験—

三人の子どもたちへ こんにちは。元気ですか? 君たち三人は、このアメリカという国で生まれて、家の外では英語で、そして家の中では日本語を話すという多言語な生活をしていますね。現地の学校に通いはじめてから英語がとても上手になってきて、英語で話しをするのは簡単だと思って欲しい反面、日本語で話しをしたり、聞いたり、書いたり、読んだり、考えたりすることは面倒くさい事だとは思わないでいてほしい。お父さんも子どものころは、メキシコに住んでいたので、家の外ではスペイン語、家の中では日本語という生活をしてきました。 今日はお父さんの子どもの頃から今に至るまでの経験を伝えながら、君たちに多言語は面白いという事を感じてほしいと思います。 さっきも言ったけど、お父さんは、メキシコで生まれて高校を卒業するまでメキシコに住んでいました。君たちのメキシコのお祖母ちゃんこと、お父さんのお母さんが、決まってする話しがあります。お父さんが小さかった頃、メキシコ人の友達に日本語を教えるためにこんな事を言ったそうです。  「あでぱと いでぺろ うでこねほ」 なんのことか分かりますか? 「あ、デパート? 井出ぺろ? 腕こね帆?」 未だこれだけだと、なんのことか分からないね。じゃぁ、この文章をスペイン語にしてみましょう。 “A” de pato, “I&rd...

lea más

identity ja

Crónicas Nikkei #4—La Familia Nikkei: Memorias, Tradiciones, y Valores

三人の子どもたちへ ―命と縁のはなし―

三人の子どもたちへ こんにちは。元気ですか? 今日は君たちに、自分たちがどこから来たのかを知ってほしいと思い、この手紙を書いています。難しい言い方をすれば、君たちの命の源、そして「縁」というものに触れてほしいという思いをこめて、この手紙を送ります。 今の君たちはそれぞれ4歳、2歳、そして7ヶ月だから、まだ何の事か分からないかもしれないけど、この手紙を読んでもらう日がくる事を願って、君たちの命の源そして縁にまつわる話をしたいと思います。とはいえ、お父さんができるのは、君たちという命の半分の話だけ。残りの半分はぜひ君たちのお母さんから直接聞いてくださいね。 お父さんは、アメリカの南にあるメキシコという国で生まれて18歳までお父さんのお父さんとお母さん、つまり君たちから見れば、メキシコのお祖父ちゃんとお祖母ちゃんの家で育ちました。 メキシコのお祖父ちゃんとお祖母ちゃんは日本の大阪という街で結婚して、それからメキシコに行ったのですが、その前に少しだけアメリカとメキシコの国境沿いにあるカレキシコという町に住んでいたことがありました。メキシコのお祖母ちゃんはお父さんを妊娠し、アメリカでいよいよ出産という時になってとても怖い夢を見たそうです。その夢を見て、お父さんをアメリカではなく、メキシコで産むことに決めたと聞きました。メキシコのお祖母ちゃんは大きなお腹を抱えながら、お祖父...

lea más