BEGIN:VCALENDAR VERSION:2.0 PRODID:-//PYVOBJECT//NONSGML Version 1//EN BEGIN:VEVENT UID:events.uid.2332@www.discovernikkei.org DTSTART:20100320T000000Z DTEND:20100320T000000Z DESCRIPTION:本シンポジウムでは、2010年3月16日に開室する 、第6展示室特集展示、「アメリカに渡った日本人と戦 争の時代」と連動して、日系アメリカ人の歴史と現在 に関して、アメリカ社会の動向を踏まえながら考えて いきます。 \n \n 近代以降、日本からアメリカ合衆国に 数多くの移民が渡りました。この歴史を振り返ること は、移民の歴史を知るということにとどまらず、戦争 や差別といった 近現代の世界に普遍的な課題を捉え返 すことにもつながります。また、戦時の日系アメリカ 人の強制収容の歴史と、戦後になってからの名誉回復 と補償(リドレ ス)を経て、アメリカでは日系アメリ カ人の歴史が語り直されてきました。このことは、ア メリカ社会の問題として、また、歴史というものの持 つ意味を探るた めに、再評価する必要があります。\n \ n 今回はアメリカから二人の研究者をお呼びして、アメ リカへの移民の始まりから定着までの過程、そして今 日までのアメリカ合衆国内における日系アメリカ人を 取り巻く政治的諸条件の推移をたどりながら、これら の論点を考えていきます。\n\n <a href="http://www.rekihaku.ac.j p/research/inter/symposium2010.html" target="_blank">詳細はこちら> ></a> SUMMARY:歴博国際シンポジウム アメリカ移民の過去・現在・未来 URL:/en/events/2010/03/20/ja-2332/ END:VEVENT END:VCALENDAR