BEGIN:VCALENDAR VERSION:2.0 PRODID:-//PYVOBJECT//NONSGML Version 1//EN BEGIN:VEVENT UID:events.uid.1434@www.discovernikkei.org DTSTART:20070615T000000Z DTEND:20070617T000000Z DESCRIPTION:日系3世の血を引くアート・ノムラ氏が監督/ プロデューサーを務める「Finding Home」は52分間にわたる ドキュメンタリー作品である。2007年6月に彼の作品であ る「Finding Home」の上映会が東京にて3回にわたり、開催 されることとなった。上映会においては、作品につい てのQ&A\;セッションを設け、さらに彼の出版予定の書籍 「Finding Home: Japanese Americans Living in Japan」についても語 る予定である。上映会に関する詳細は以下のとおりで ある。\n<ul><strong>2007年6月15日(金) 6:30– 9:00 pm</strong >\nアジア系アメリカ人研究会 明治大学インターナシ ョナルプログラム\nLiberty tower\, 15階 1155室 \n明治大学\n 〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1\n\n<strong>2007年6 月16日(土) 7:00 – 9:00 pm</strong>\n移民研究会\n津田ホ ール\, 部屋T105 \n(<a href="http://tsudahall.com/THHP2/mainindex.htm ">http://tsudahall.com/THHP2/mainindex.htm</a>)\n\n<strong>2007年6月17 日(日)7:00 – 9:00 pm</strong>\n米国日系人市民協会日本 支部\nきゅりあん\,5階\, 第3部屋\n地図 - <a href="http://w ww.shinagawa-culture.or.jp/curian/index.html">http://www.shinagawa-culture .or.jp/curian/index.html</a>\n〒140-0011東京都品川区東大井町5-1 8-1\n(迷った場合はきゅりあんへお電話ください。03-5479- 4100)\n</ul>\nノムラ氏が監督を務める「Finding Home」は、福 岡アジア映画祭(2007年6月29日~7月1日開催予定)で上 映される予定となっており、ノムラ氏も同イベントに 出席予定である。上映に関する詳しい問い合わせはS.Mae daまで。また、6月23日~24日に明治学院大学(白金キャ ンパス)にて開催予定のアジア系アメリカ人研究会に も出席予定で、「For Love or Money: Nikkei Assimilation in Contempo rary Japan」のパネルディスカッションでパネリストとし ても出席する予定である。詳細は<a href="http://www.meijigaku in.ac.jp/~ascj/">http://www.meijigakuin.ac.jp/~ascj/</a>に掲載されて いる。\n\n「Finding Home」は、自分が生まれ育ったアメリ カではなく、日本で暮らすことを決断したジャパニー ズ・アメリカンが、その決断によって得たもの、失っ たものを描いたドキュメンタリー作品である。同作品 は、50人の中から選ばれた6人のジャパニーズ・アメリ カンが、自らのルーツでもある日本で暮らすという経 験で得たライフスタイル、アイデンティティ、洞察力 をインタビュー形式でつづる。57歳で初めて祖国を訪れ たノムラ氏自身も、同作品の中で自らの体験や考えを 作品の中で答えている。フルブライト奨学金事業のサ ポートを受け、ノムラ氏は2003年の秋から冬にかけて同 作品を制作した。\n\n「Finding Home」はロサンゼルスアジ ア太平洋映画祭、ロードアイランド国際映画祭、ダラ スビデオ祭、ディスオリエント映画祭、福岡アジア映 画祭の公式認定作品である。同作品の監督であるアー ト・ノムラ氏は、現在、ロサンゼルスのロヨラ・メリ ーマウント大学映画テレビ学部の教授を務めている。 彼の経歴や作品に関する詳細は<a href="http://www.artnomura.co m">www.artnomura.com</a>\n SUMMARY:日系アメリカ人のドキュメンタリー『FINDING HOME』の上映会:  東京、2007年6月 URL:/en/events/2007/06/15/finding-home-/ END:VEVENT END:VCALENDAR