• ja
二世ウィーク2007 - 青森ねぶた初上陸

yn
Licensing

ねぶた師

もちろん、誰もがこのねぶたを作れるわけではない。

「ねぶた師」と呼ばれる職人の手によるものだ。

今回の信玄ねぶたは、ねぶた師・竹浪比呂央さんによる作品である。

ねぶた師はその年の祭りが終わると、次年度のねぶたの構想などを考え始めるとの事。

本場青森では、毎年、どのねぶたが一番か、テーマと美しさが競われる。
今年の受賞者はこちら。(受賞ねぶた一覧

Based on this original

ねぶたとねぶた師
uploaded by yn
二世ウィーク初登場のねぶた。このねぶたを作るにあたり、「ねぶた師」と呼ばれる職人がいるのをご存知だろうか?このねぶた師がねぶたの下絵(設計図)、全体の構造、色彩等を決めるのだ。 今回の信玄ねぶたは、ねぶた師・竹浪比呂央さんによる作品である。 幅30ft x 長さ24ft x 高さ17ftの巨大なねぶたをアメリカへ輸送するため、竹浪氏は1月末から制作を始め、6月上旬に青森からロサンゼルスへ船で運ばれた。もちろん、こんな大きな物を入れるコンテイナーなどはなく、9つに解体されて運ばれたそうだ。 竹浪氏は8月にロサンゼルス入りし、二世ウィークに間に合うよう、リトル東京の一角にて最終の組み立て作業を行ったそうだ。 2007年8月19日、カリフォルニア州ロサンゼルスにて。 More »


Get updates

Sign up for email updates

Journal feed
Events feed
Comments feed

Support this project

Discover Nikkei

Discover Nikkei is a place to connect with others and share the Nikkei experience. To continue to sustain and grow this project, we need your help!

Ways to help >>

A project of the Japanese American National Museum


Major support by The Nippon Foundation