Hidemitsu Miyamura

1944 年1 月1日、パラグァスー・パウリ スタ市にて、宮村季光と敏子の長男として生まれる。幼少期、北パラナー州アプカラナ市で日本語を学ぶ。1967年 にパラナー国立大学工学部を卒業。 1968年ブラジル日本電気株式会社に入社、2001年に退職。この年独立して新し いリサイクル産業を展開。妻アリセ加代子の間に、 一男(ドゥグラス秀洋)と一女(エリカ洋美)をもうける。2005年に「限りなく遠かった出会い」のエッセイ集を出版。サンパウロ新聞などに投稿。趣味は歴史ものを読むこと。


(2013年1月 更新) 

community ja pt

限りなく遠かった出会い

黄金の日々

遠い昔の思い出と言うものは心に残り、又、その時を体験したもの同士が、それを語り合う時には何とも言えない満足感に満ちた一時がそこに漂い、見ている人もそれに感激することがたびたびある。私が、亡母(84)と伯母春子(92)、叔母澄子(80)の話を聞き、それを書き残す事にしてから、何度かそんな経験をしたことがある。それは叔母の澄子が話を切り出し、非常に席が盛り上がった時の事であった。 1936年ごろ、サンパウロ近郊のサント・アンドレーが舞台である。当時、父、宇一(53)を長とする奥村家は、移民生活7年目であった。転々といろんな耕地を廻り、やっと、サント・アンドレーのオラトリオと言う所に土地を借りて、そこでジャガイモを作っていた。 奥村家のその当時の家族構成は次の通りであった。宇一と妻・のぶ(50)、長男・忠(25)、次男・孝(22)、次女・敏子(20)、三女・静子(18)、四女・澄子(16)、五女・弘子(14)、六女・恵美子(12)、それに姪の妙子(9)であった。長女の春子はすでに結婚していた。次女の敏子は私の母で、その頃はタバチンゲーラ街にあった東洋ホテルに勤めていた。 [inline:Photo1.jpg] 敏子は、週末になると、帰宅の際に稼いだ少ないお金を持ち、バスを降りてすぐの肉屋に寄りコステーラ(あばら骨つきの牛肉)を2キロも買い、ジャガイモ畑を早足に横切り帰宅するのだ…

Read more

community ja pt

限りなく遠かった出会い

ある日系二世ブラジル人の正月の想い

私は元旦生まれである。父母の生涯でもっとも異常な時期であった戦時中、サントス市日本人退去命令のため、田舎町パラガスー・パウリスタの小さな日本人旅館「丸林」の一室に住んでいたときに生まれたと、父の古い日記に書かれてある。すなわち、これが私のこの世の始めての正月であったのだ。 父はこの事を下記のように書き記している。 「一九四四年一月一日午前十時四十分、妻、敏子、男児出産する。この子、なんと天運の良き児であろう、なんと有意義な日に出生したのだろうか。私は三十歳の年をむかえることになった。この児及び一家に幸あれ。 年頭から本年はヨーロッパ戦線で非常になる激戦になる模様である。ドイツ軍はほとんど東ヨーロッパを撤兵中だ。三十一日から元旦、二日に掛けて、ベルリンが一千機の飛行機によって空爆されて死傷十四万人と当地新聞は報じている。本年の五、六月頃までに大規模な戦争になり、そして戦争が終結すると、自分は見ているが、果たしてどんなものか。正月後は日本の戦争状況については当地の新聞は書いていない。なんだか寂しいような気がする。」 [inline:Father.jpg] 戦争はこの後、1年8ヶ月も続いた。父のブラジル生活ははちょうど足掛け10年になっていた。 その間父は、朝夜、日本からのラジオに噛り付きながら戦局状況を把握して、毎日日本の皇軍の一大決戦を待ちに待っていた。その日々…

Read more