Koji Hirose

1947年、京都府亀岡市に生まれる。14歳の時に大病を患い9ヶ月間病床につくが、病床の後、絵を描きたい一心で独学で絵を描き始める。16歳の時に洋画家の芝田米三氏にデッサンを学び、その後アメリカの現代美術に出合い、日本の洋画の世界から、国際的な現代美術の世界、純粋美術の世界へ移行する。20歳の時には、「ギャラリー16」にて初の個展を実現。しかし、その後13年間制作を中断する。

現在は、メキシコ人の友人を頼りにメキシコを訪れたのがきっかけでメキシコに住む。在住歴27年間。制作活動を続けている。

(2011年3月 更新)

culture ja es

偉大なる彫刻家 ノグチ・イサムの生涯 ―その9/9

その8>>

1969年、イサムは香川県高松市牟礼町(むれちょう)に住む、日本の黒御影石などに魅せられたのがきっかけで庵治石(あじいし)の産地であったことが住まいとアトリエを構える事にイサムの心を決定づけた。良きパートナーとして助手の和泉正敏氏を得て精力的に制作を始める。1986年、スライド・マントラを制作、第42回ヴェネツィア・ビエンナーレのアメリカ代表として出品する。1987年レーガン大統領より「アメリカ国民芸術勲章」を受章。1988年、「勲三等瑞宝章」を授与される。

札幌のモエレ沼公園のランド・スケープの構想のプロジェクトが、1988年に決定してイサムは大喜びした。しかし、完成したモエレ沼公園を一度も見ることなくこの世を去ることになる。しかも同年であった。亡き後、モエレ沼公園は2004年に完成した。

香川の牟礼町で生まれた巨大な石の彫刻、「エナジー・ヴォイド」と名付けられた高さ3.6m 重さ17トンの作品。ドーナツ形を四角に少し変形させたような作品で、ドス黒く鈍い光を放っている。イサムの作品の中で一点を選ぶとしたら、この一点に尽きる。そこにはイサムのすべてが集約されている。抽象彫刻を始めた頃からそれらの兆しを見つけることができる。それは木の作品であれ、石の作品であれ、ポカッと穴の空いた作品が眼に付く、一体それらが何を意味していたのか?

[inline:Isamu Noguchi mayo 2011.jpg]

分析してわかったことはイサムの幼年期に起因する。イサムは、子供の頃から自身が生まれて来たことにおいて疑問を持ち続けていた。イサムは、この世に生まれて来たくなかった。もう一度、母の母胎に戻りかった。それは子宮回帰にほかならない。そうした空虚な思いは死ぬまで消えることがなかった。晩年のこの「エナジー・ヴォイド」の作品へと完結することになる。「力」と「空」(くう)の意味したものは、「何もないところにこそ、力の源がある」ということを言いたかったのだろう。イサムが辿りついた世界であった。言い換えれば「無と有の合体の世界」とも言える。この作品には押し潰されそうな重圧感と霊気が漂っている。そこには、生と死の狭間、無と有の世界、暗黒と光、生命と宇宙など、森羅万象の世界が見えて来る。万物の根源が見て取れる。だからこそ何かが見る人に迫ってくる力を感じさせる。作品を眼の前にした時、大きな黒いリングの奥に「母胎」が見えて来る。また、反対の側から見ると、この世を通り抜けて、外界へと開かれた「宇宙」が見えて来る。これこそがイサムの世界であった。そうした二つの世界を彷徨っていた。母胎とこの世の狭間を・・・・・

イサムは、仕事を終えるといつもジャズのレコードを聴くのが日課であった。ジャズを聴きながら母の事も思い出していた。だが、イサムは最後まで母を恨んでいた。孤独という二文字は最後まで消えることはなかった。そして、敬愛する父(米次郎)の詩集本を手に取り朗読した。それは、「巡礼」と題した詩集本の中の瀬戸内海を詠った詩の一節だった。その美しい詩にイサムは感動して涙が溢れ出た。イサムは家の外に出て、夕焼け空を眺めながら、黄金色(こがねいろ)にきらきらと光る美しい大海原に身を任せて泳いだ、涙が止まらず大粒になってあふれ出た。あふれ出た涙は瀬戸内の海に同化した。・・・・・

イサムは、発注している作品を見るためパリに出向いた。日本に帰国する前に、ニューヨークに立ち寄り、そして、イサムはニューヨークで倒れた。しかも、イサムが彫刻家として出発した地で、皮肉にもゴールした地もニューヨークであった。イサムの孤独という名の人生のマラソンは終わった。凍り付くような寒い冬のニューヨークの大学病院の一室で息絶えた。死因は心不全であった。 (1988年12月30日に死去、享年84歳)

「イサムよ! 父、米次郎のもとで休むがいい、母の母胎に戻るがいい、イサムよ!無と化して、自由に宇宙を羽ばたくがいい、もう、何処にも孤独という時間は存在しないのだから・・・そう、何処にも・・・・・」

(完)

*本稿は日墨協会のニュースレター『Boletin Informativo de la Asociación México Japonesa』148号(2011年5月)からの転載です。

Read more

culture ja es

偉大なる彫刻家 ノグチ・イサムの生涯 -その8/9

>>その7

サムは、淑子と結婚する以前の事だったが、イサムは1951年に再来日して、丹下健三氏と共に広島に行き、橋のデザインも描いていた。そして、広島の原爆慰霊碑のコンペに応募したことがあった。建築家の丹下健三氏の推薦もあったが採用されなかった。その理由はイサムにとって、またまたショックな出来事であった。審査員の一人が、イサムはアメリカ人だと罵った。「原爆を投下したアメリカ人のデザインを採用する訳にはいかない」との理由であった。しかし、イサムは丹下氏に「自分は日本人の血も半分はいっていると審査員の人たちに懇願してほしい」と伝えたが残念ながらその思いは叶わなかった。

イサムは再び自分の存在する場所がないことを痛感していた。原爆慰霊碑は幻の作品になったが、最後は丹下健三氏が設計することになって、イサムのデザインの一部を取り入れて完成した。橋のデザインは採用されて実現した。少しは気持ちも薄らいだかも知れない。山口淑子と結婚したのもその頃であった。

そして、同時期にイサムの世界が展開されて生まれたのが「灯りのシリーズ作品」であった。竹籤と和紙の組み合わせによるランプの作品で日本感覚によるものであった。そこには日本人であるという意思が感じられる。そして日本人以上に日本の美を追究しようとした試みであったと考えられる。その背景には淑子との生活もあったかも知れない。暖かいランプの灯りがどことなく重なって見えてくる。

そして、淑子と別れた後、イサムは精力的に制作を続けて行く、ニューヨークの5番街に「Waterfall wall」「Ceiling」を制作し、ブッダ生誕2500年のニューデリーでの記念碑、パリのユネスコ本部庭園を制作した後に再びニューヨークに住む。

イサムは大きなプロジェクトを次々と完成して行き、1961年には、ロング・アイランド・シティーにアトリエを構えた。その後、イタリアのカッラーラに10年間、毎年訪れることになった。1964年にはIBM本社庭園を制作している。

その頃であろうか、京都の北白川美術村を訪れている。私が16歳の頃、新聞の紙面でノグチ・イサム氏が北白川美術村に訪れた記事を見つけました。美術村のアトリエを背景にノグチ氏が俯いて立ちすくんでいる写真でした。顔までははっきりと写っていませんでしたが、それは余りにも暗い表情で重く沈んでいるような姿でした。後に私が美術村を訪れてから知ったことですが、日本語は話せたはずなのになぜか日本語で話そうとしなかったそうです。

1968年にはホイットニー美術館で個展を開いて、1970年には大阪万博のために噴水を制作しています。1972年にデトロイトで建築家のジョージ・サダオと共同制作が始まり、それ以後、共同制作は続いた。その後、シアトルの「Landscape of Time」. ニューヨークの「桃太郎」. 東京の草月美術館の「天国」などを制作した。

その後も、彼の制作意欲は衰えることなく続いていく、若い時からの夢である「地球そのものを彫刻する」という発想を基にした計画を諦めることなく実現へと向かうのである。それは札幌のモエレ沼公園のランドスケープへと繋がって行く、飽くなき探求心と共に何かに取り憑かれたようにイサムは邁進することのみであった。

[inline:Isamu Noguchi 9.jpg]

その9>>

*本稿は日墨協会 のニュースレター『Boletin Informativo de la Asociación México Japonesa』148号(2011年3月)からの転載です。

Read more

culture ja es

偉大なる彫刻家 ノグチ・イサムの生涯 -その7/9

>>その6

新婚旅行から帰国したイサムと淑子は、北大路魯山人の北鎌倉の屋敷の離れを借りて、住まいとアトリエを構え、新婚生活を始める。イサムは、魯山人の釜で陶芸に勤しんだ、淑子は、北鎌倉から撮影所に出かける毎日であった。・・・・・

北大路魯山人は、京都の上賀茂神社の社家、北大路清操、とめの次男・房次郎として生まれる。6歳の時に木版師・福田武造の養子となり、10歳の時、丁稚奉公に出される。書・篆刻(てんこく)を学び、優れた才能を発揮する。これらは、後の魯山人のすべての仕事の基礎となって行く。成人になってからの出来事として、社家の北大路家の跡目が変死体で見つかり謎の自殺を遂げた。その後、なぜか?魯山人はいつの間にか、それ以後、北大路家を名乗ることになる。・・・・・

[inline:Isamu Noguchi 8.jpg]

魯山人は陶芸だけではなく、多技多芸に渡った。その一つに料亭「星岡茶寮」の主宰となり、料理人として、会席料理の創始者としても知られている。味にうるさく、舌の厚みは人の2倍あったらしく美食家であった。料理を工夫して自分の創作の焼き物に盛った。「食器は料理の着物」と魯山人らしい粋な言葉を残している。多芸ではあったが、すべてにおいて非凡さを感じるものであった。川魚やタニシの刺身は、珍味でうまいと好物にしていたが、女性料理研究家から、川魚には虫がいるから生で食べては駄目と言われていたにもかかわらず、忠告を聞き入れず、そのことが元で、寄生虫のジストマ肝硬変で亡くなっている。73歳であった。・・・・・

魯山人は、幼年の頃、風呂も入れず汚い格好で、中京区の街を走り回り、いつも蚤を身につけてボリボリと体を掻いていたらしい、肌はかき傷で赤く腫れ上がり、出血し痛みを伴っていた。そうした幼年の時の苦痛な体験から、陶芸家として大成して鎌倉に屋敷を持ってからは、毎日、2,3度、新しい下着に取り替るのが常であったらしい。・・・・・

魯山人は、パリで「現代日本陶芸展」に出品した時、パブロ・ピカソが魯山人の作品を観て、感銘を受け、彼の作品を賞賛した。ピカソは、多分、魯山人に影響を受けたに違いない。その後、焼き物に絵付けをした作品を多く手掛けている。魯山人に触発されたように、自由奔放に筆が走っている。その後、魯山人は、ロックフェラー財団から招待されて、アメリカとヨーロッパで展覧会を開いている。展覧会に関して、一部始終、イサムは魯山人の手助けをした。イサムの存在は非常に大きかった。・・・・・

イサムは、日本に住み、日本を深く知ることに関しては、大いに収穫はあったが、しかし、当時の日本の文化には、疑問を持っていた。世界から見た場合、遙かに時代から遅れていることに気付き始めていたのである。イサムにとって、刺激となる環境がなかった。イサムは、日本を脱出して、再び、二人してアメリカに行くことを淑子に伝える。

1953年、先に、イサムはニューヨークに行くことになり、後から淑子も行くことになっていたが、淑子のビザが下りない問題が発生したりした。理由はよくわからなかったが、暫くしてビザを貰え、ニューヨークでの6ヶ月間の生活が実現した。淑子は女優としての仕事もあり、ニューヨークには、そう長くは滞在出来なかった。淑子は日本に帰国し、イサムは、ニューヨークに留まることになり、二人は離ればなれになって別居生活が続いた。

お互いに尊敬し合い理解を深めた二人であったが、女優と美術家、互いにすべてを理解できる訳には行かない部分もあった。何か世界が違いすぎる。話していても何処かに擦れがある。しかし、イサムは、妻の淑子にだけはすべて理解してほしいとエゴな部分もあったに違いない。お互いに忙しいこともあり、二人の生活は自然消滅へと向かった。お互いの仕事の邪魔をしないという始めの約束通り、1956年、5年間の結婚生活に終止符を打つこととなった。

続く>>

*本稿は日墨協会 のニュースレター『Boletin Informativo de la Asociación México Japonesa』146号(2010年11月)からの転載です。

Read more

culture ja es

偉大なる彫刻家 ノグチ・イサムの生涯 -その6/9

>>その5

イサムは、1943年、はじめて照明作品「Cylinder lamp」を制作する。1944年、「Caffee table」と「Dinette set」デザイン、後に、Heman Miller社によって量産された。1946年、ニューヨーク近代美術館「14人のアメリカ人展」に大理石の組み合わせ彫刻を出品して絶賛される。1948年には、インドのガンディー記念碑をデザインする。1949年、ニューヨークのチャールズ・イーガン ギャラリーで1935年以来、初の個展を開く。1950年、19年ぶりに来日し、建築家・丹下健三ら若い芸術家らと知り合う。慶応大学の「Memial room」と「Gardem」のデザインを頼まれる。8月に三越デパートでの個展後、9月にニューヨークに戻る。1

この頃、イサムは、女優・李香蘭(リー・コーラン)こと山口淑子と運命的な出会いが待っていた。女優・李香蘭は、アメリカのハリウッドに映画撮影の為に渡米していた。イサムと李香蘭はニューヨークのパール・バック邸のパーティーで、友人の日本人画家の石垣栄太郎の紹介で二人は出会うことになる。・・・・・(パール・バックは、アメリカの女流小説家で、1938年にノーベル文学賞を受賞している。パール・バックは、アメリカ・バージニア州で生まれて、すぐに父親と共に中国に渡り、中国で育った。友人にはアジア系の人たちが大勢いた)。・・・・・

イサムと李香蘭との出会いは、電撃結婚へと二人を結び付けた。イサムは、それまで、一生涯、自分は結婚しないと思っていたが、運命は違っていた。それは、イサムと李香蘭と互いに心を打ち明ける共通する悩みを持ち合わせていた。イサムは、日本人とアメリカ人の狭間で生きていること、李香蘭は、日本人でありながら、映画女優と言う宣伝の為に中国名を使うことを強制された。李香蘭も日本人と中国人の狭間で生きなければならなかった事情が、二人の理解度を急速に深めることとなった。李香蘭は、イサムのアトリエを訪れ、芸術の世界を垣間見た思いであった。イサムの芸術に対する熱い情熱、そして、純粋な世界を知ることとなった。自然にイサムの魅力に取り憑かれて行った。

李香蘭(山口淑子)は、満州で生まれた。中国語の教師であった父の元で、幼い頃から中国語に親しんでいた。父親の親友であった李将軍の養女となり「李香蘭」と授けられた。

中国と日本という二つの国の複雑な歴史の狭間で、二つの祖国を愛することになる。大きな瞳と端麗な容姿、そして美声と流暢な中国語に目を付けた満州映画協会が、中国人の歌姫、女優として、美しい響きを持つ名前、「李香蘭」(リー・シャン・ラン)として、1937年、「蜜月列車」でデビューさせたのである。一躍、大スターとなり、次々と作品が生まれ、李香蘭は、満州映画で一世を風靡した。しかし、太平洋戦争で日本が敗戦した後、情勢が一転し、中国は日本に協力した中国人も死刑に処した。李香蘭も逮捕されたが、実は、日本人「山口淑子」であることを証明し、危うく一命を取り留めた。死刑にされる寸前だった。(日本に帰国してからは、映画女優として、実名「山口淑子」を名乗り、後に、政治家としても活躍した)。・・・・・

そのような数奇な人生を辿った李香蘭(山口淑子)とイサムは、二つの母国を持つ意味でも、お互いに共通性があり、話していて癒される部分も多かった。と同時にお互いに分野が違っていても、アーティストとして互いに尊敬し合い、理解できることも数多くあったに違いない。そして、イサムの友人である陶芸家・北大路魯山人の北鎌倉の敷地内の離れを借りて、そこに二人は新居を構えた。新婚旅行には、イタリアの大理石の本場にも足を運び、イサムの師であるブランクーシのいるパリにも行き、妻の淑子を紹介している。未知なる世界が開かれ、世界中が祝福していてくれているかのように希望に満ちていたに違いない、イサムは幸せの絶頂期にあった。

[inline:Isamu Noguchi 7.jpg]

その7>>

注釈:
1.Isamu Noguchi Private Tour  参考

*本稿は日墨協会 のニュースレター『Boletin Informativo de la Asociación México Japonesa』145号(2010年9月)からの転載です。

Read more

culture ja es

偉大なる彫刻家 ノグチ・イサムの生涯 -その5/9

>>その4

1937年、メキシコからニューヨークに戻ったイサムは、初めての量産品「Radio Nurse」の制作を手がける。そして、1939年には、ニューヨークで初めてのテーブルのデザイン作品「Table for A. conger Goodyear」を発表する。

1941年、ニューヨークで知り合った親友の画家アーシル・ゴーキーとロサンゼルスのハリウッドで生活を共にする。アルメニアで生まれたアーシル・ゴーキーは、トルコ人によるアルメニア侵攻で、アルメニア人虐殺に合い、母を失い、辛くも生き延び、先にアメリカに渡っていた父親を頼って1920年にアメリカに移住した。1922年にボストンの美術学校に入学している。その後、シュールレアリズムの影響を受けながら、抽象表現主義の作家として独自な世界を表現し、アメリカ現代作家の中で重要な立場にいた作家であった。しかし、1946には、火災で多くの作品を焼失したリ、ガンを患ったり、事故に遭ったり、妻と子供が家を去ったり、不幸続きの末に44歳の若さで、1948年、アーシル・ゴーキーは自殺した。イサムに取って掛け替えのない親友を失うことになった。

1941年、日本帝国海軍の空母機動部隊は、ハワイの真珠湾を攻撃し、太平洋戦争へと突入して行った。明くる年、1942年、日本人移民者、日系アメリカ人たちは、強制収容所に入れられた。(アメリカ全土に十カ所ぐらい収容所があった)。

[inline:manzanar2.jpg]

イサムは、自分には半分日本人の血が流れているからと、自ら入所を志願し、アリゾナのボストン収容所に入所した。しかし、日本人からは、アメリカ側のスパイだと警戒され、誰一人として口も利いてもらえず、居場所がないまま孤独感も深まり、憂鬱な毎日を送る羽目になる。やむなく出所を申し入れたが、自ら志願した経緯もあり、そう簡単なことではなかった。親友であった建築家のフランク・ロイド・ライトに依頼してアメリカ人から嘆願書を集めてもらいようやくの事で出所できた。イサムはいつもアメリカ人と日本人の狭間で生きることを余儀なくされた。

この強制収容所の出来事は、明らかに、日本人への人種差別でしかなかった。日本と同盟国であった国の人たち、イタリア系アメリカ人、ドイツ系アメリカ人たちは、誰一人、強制収容されていない。アメリカに渡った親たちは日本人であると自覚し、アメリカで生まれた子供たちは、自分たちはアメリカ人だと主張する。アメリカで生まれた日系の若者たちは、アメリカに忠誠を誓い、第442連隊戦闘団を結成し、ドイツ、イタリア、日本を相手に戦い、アメリカ陸軍、最強の戦闘部隊と言わしめた。多くの戦死者を出しながらも、これぞヤマト魂だ!と証明した。しかし、親と子は悲しい不条理な世界を体験することとなり日系人たちは涙を堪え我慢する事しか方法がなかった。日系人の間では、「仕方がない」と言う言葉がはやり言葉となり口癖となった。

こうした悲しみの記録は、1988年、ロナルド・レーガン大統領によって、強制収容された日系アメリカ人に謝罪し、現存者に2万ドルの損害賠償を支払い、人種差別であったことを認めた。強制収容からほぼ半世紀が経とうとしていた。

カリフォルニアのマンザナ収容所に強制収容された写真家の東洋宮武氏は、内緒で収容所にレンズを持ち込み仲間と木で組み立てた手製のカメラを作った。彼の友人であった写真家の巨匠アンセル・アダムスとマンザナ収容所の所長とは友人であった。お互いの友人でもあったことから、所長は、宮武に「写真家がカメラを持たないのは、羽を持たない鳥と同じ」とカメラの所持を内緒で許してくれた。フイルムも他の者に見つからないように手筈してくれた。東洋宮武は記録写真を撮り続けた。友人の写真家アンセル・アダムスもマンザナ収容所を訪れている。1945年、終戦を迎え、マンザナ収容所は閉鎖された。

40度近い砂漠の中での灼熱の悪夢は終わった。イサムと宮武は、晩年、ロスで会い晴れ晴れとした笑顔で二人並んで写真に収まっている。 

[inline:manzanar1.jpg]

その6>>

*本稿は日墨協会 のニュースレター『Boletin Informativo de la Asociación México Japonesa』144号(2010年7月)からの転載です。

Read more