Material contribuído por skawa2440kuhio

ホノルルの向こう側 ~ハワイの日系社会に迎えられて~

第5回 失われつつあるのかもしれない日本的価値観 ― 変わりゆくハワイの文化 ―

Seiji Kawasaki

ハワイの日系社会をテーマに連載を始めたこのエッセイだが、はたしてハワイに「日系社会」なるものがあるのかという疑問に突き当たることがある。チャイナタウンのような民族コミュニティが見える形で存在しているのはむしろ例外的である。アラモアナ・ショッピングセンターの山側に、コリアンタウンの始まりのようなものを感じることはある。だが、ハワイ系の多いワイマナロやカポレイ、フィリピン系が多いとされるカリヒやワイパフなどはあるものの、それらの地区にも様々な民族が共住している。カポレイでは最近大規模な宅地開発が進んでいるし、ワイパフにはかつて日系人が多く住んでいたが、製糖業の衰退とともに人口構成は変わってしまった。養豚業を営む沖縄系が多く住んでいたハワイ・カイは今や高級住宅地である。このように次第に地域は変容し、「その民族ならここ」と言うことが難しくなってきている。異民族間結婚もそれに拍車をかけている。

ホノルルの向こう側 ~ハワイの日系社会に迎えられて~

第5回 失われつつあるのかもしれない日本的価値観 ― 変わりゆくハワイの文化 ―

Seiji Kawasaki

ハワイの日系社会をテーマに連載を始めたこのエッセイだが、はたしてハワイに「日系社会」なるものがあるのかという疑問に突き当たることがある。チャイナタウンのような民族コミュニティが見える形で存在しているのはむしろ例外的である。アラモアナ・ショッピングセンターの山側に、コリアンタウンの始まりのようなものを感じることはある。だが、ハワイ系の多いワイマナロやカポレイ、フィリピン系が多いとされるカリヒやワイパフなどはあるものの、それらの地区にも様々な民族が共住している。カポレイでは最近大規模な宅地開発が進んでいるし、ワイパフにはかつて日系人が多く住んでいたが、製糖業の衰退とともに人口構成は変わってしまった。養豚業を営む沖縄系が多く住んでいたハワイ・カイは今や高級住宅地である。このように次第に地域は変容し、「その民族ならここ」と言うことが難しくなってきている。異民族間結婚もそれに拍車をかけている。

ホノルルの向こう側 ~ハワイの日系社会に迎えられて~

第5回 失われつつあるのかもしれない日本的価値観 ― 変わりゆくハワイの文化 ―

Seiji Kawasaki

ハワイの日系社会をテーマに連載を始めたこのエッセイだが、はたしてハワイに「日系社会」なるものがあるのかという疑問に突き当たることがある。チャイナタウンのような民族コミュニティが見える形で存在しているのはむしろ例外的である。アラモアナ・ショッピングセンターの山側に、コリアンタウンの始まりのようなものを感じることはある。だが、ハワイ系の多いワイマナロやカポレイ、フィリピン系が多いとされるカリヒやワイパフなどはあるものの、それらの地区にも様々な民族が共住している。カポレイでは最近大規模な宅地開発が進んでいるし、ワイパフにはかつて日系人が多く住んでいたが、製糖業の衰退とともに人口構成は変わってしまった。養豚業を営む沖縄系が多く住んでいたハワイ・カイは今や高級住宅地である。このように次第に地域は変容し、「その民族ならここ」と言うことが難しくなってきている。異民族間結婚もそれに拍車をかけている。

ホノルルの向こう側 ~ハワイの日系社会に迎えられて~

第5回 失われつつあるのかもしれない日本的価値観 ― 変わりゆくハワイの文化 ―

Seiji Kawasaki

ハワイの日系社会をテーマに連載を始めたこのエッセイだが、はたしてハワイに「日系社会」なるものがあるのかという疑問に突き当たることがある。チャイナタウンのような民族コミュニティが見える形で存在しているのはむしろ例外的である。アラモアナ・ショッピングセンターの山側に、コリアンタウンの始まりのようなものを感じることはある。だが、ハワイ系の多いワイマナロやカポレイ、フィリピン系が多いとされるカリヒやワイパフなどはあるものの、それらの地区にも様々な民族が共住している。カポレイでは最近大規模な宅地開発が進んでいるし、ワイパフにはかつて日系人が多く住んでいたが、製糖業の衰退とともに人口構成は変わってしまった。養豚業を営む沖縄系が多く住んでいたハワイ・カイは今や高級住宅地である。このように次第に地域は変容し、「その民族ならここ」と言うことが難しくなってきている。異民族間結婚もそれに拍車をかけている。

ホノルルの向こう側 ~ハワイの日系社会に迎えられて~

第5回 失われつつあるのかもしれない日本的価値観 ― 変わりゆくハワイの文化 ―

Seiji Kawasaki

ハワイの日系社会をテーマに連載を始めたこのエッセイだが、はたしてハワイに「日系社会」なるものがあるのかという疑問に突き当たることがある。チャイナタウンのような民族コミュニティが見える形で存在しているのはむしろ例外的である。アラモアナ・ショッピングセンターの山側に、コリアンタウンの始まりのようなものを感じることはある。だが、ハワイ系の多いワイマナロやカポレイ、フィリピン系が多いとされるカリヒやワイパフなどはあるものの、それらの地区にも様々な民族が共住している。カポレイでは最近大規模な宅地開発が進んでいるし、ワイパフにはかつて日系人が多く住んでいたが、製糖業の衰退とともに人口構成は変わってしまった。養豚業を営む沖縄系が多く住んでいたハワイ・カイは今や高級住宅地である。このように次第に地域は変容し、「その民族ならここ」と言うことが難しくなってきている。異民族間結婚もそれに拍車をかけている。

ホノルルの向こう側 ~ハワイの日系社会に迎えられて~

第5回 失われつつあるのかもしれない日本的価値観 ― 変わりゆくハワイの文化 ―

Seiji Kawasaki

ハワイの日系社会をテーマに連載を始めたこのエッセイだが、はたしてハワイに「日系社会」なるものがあるのかという疑問に突き当たることがある。チャイナタウンのような民族コミュニティが見える形で存在しているのはむしろ例外的である。アラモアナ・ショッピングセンターの山側に、コリアンタウンの始まりのようなものを感じることはある。だが、ハワイ系の多いワイマナロやカポレイ、フィリピン系が多いとされるカリヒやワイパフなどはあるものの、それらの地区にも様々な民族が共住している。カポレイでは最近大規模な宅地開発が進んでいるし、ワイパフにはかつて日系人が多く住んでいたが、製糖業の衰退とともに人口構成は変わってしまった。養豚業を営む沖縄系が多く住んでいたハワイ・カイは今や高級住宅地である。このように次第に地域は変容し、「その民族ならここ」と言うことが難しくなってきている。異民族間結婚もそれに拍車をかけている。

ホノルルの向こう側 ~ハワイの日系社会に迎えられて~

第5回 失われつつあるのかもしれない日本的価値観 ― 変わりゆくハワイの文化 ―

Seiji Kawasaki

ハワイの日系社会をテーマに連載を始めたこのエッセイだが、はたしてハワイに「日系社会」なるものがあるのかという疑問に突き当たることがある。チャイナタウンのような民族コミュニティが見える形で存在しているのはむしろ例外的である。アラモアナ・ショッピングセンターの山側に、コリアンタウンの始まりのようなものを感じることはある。だが、ハワイ系の多いワイマナロやカポレイ、フィリピン系が多いとされるカリヒやワイパフなどはあるものの、それらの地区にも様々な民族が共住している。カポレイでは最近大規模な宅地開発が進んでいるし、ワイパフにはかつて日系人が多く住んでいたが、製糖業の衰退とともに人口構成は変わってしまった。養豚業を営む沖縄系が多く住んでいたハワイ・カイは今や高級住宅地である。このように次第に地域は変容し、「その民族ならここ」と言うことが難しくなってきている。異民族間結婚もそれに拍車をかけている。

ホノルルの向こう側 ~ハワイの日系社会に迎えられて~

第5回 失われつつあるのかもしれない日本的価値観 ― 変わりゆくハワイの文化 ―

Seiji Kawasaki

ハワイの日系社会をテーマに連載を始めたこのエッセイだが、はたしてハワイに「日系社会」なるものがあるのかという疑問に突き当たることがある。チャイナタウンのような民族コミュニティが見える形で存在しているのはむしろ例外的である。アラモアナ・ショッピングセンターの山側に、コリアンタウンの始まりのようなものを感じることはある。だが、ハワイ系の多いワイマナロやカポレイ、フィリピン系が多いとされるカリヒやワイパフなどはあるものの、それらの地区にも様々な民族が共住している。カポレイでは最近大規模な宅地開発が進んでいるし、ワイパフにはかつて日系人が多く住んでいたが、製糖業の衰退とともに人口構成は変わってしまった。養豚業を営む沖縄系が多く住んでいたハワイ・カイは今や高級住宅地である。このように次第に地域は変容し、「その民族ならここ」と言うことが難しくなってきている。異民族間結婚もそれに拍車をかけている。

ホノルルの向こう側 ~ハワイの日系社会に迎えられて~

第5回 失われつつあるのかもしれない日本的価値観 ― 変わりゆくハワイの文化 ―

Seiji Kawasaki

ハワイの日系社会をテーマに連載を始めたこのエッセイだが、はたしてハワイに「日系社会」なるものがあるのかという疑問に突き当たることがある。チャイナタウンのような民族コミュニティが見える形で存在しているのはむしろ例外的である。アラモアナ・ショッピングセンターの山側に、コリアンタウンの始まりのようなものを感じることはある。だが、ハワイ系の多いワイマナロやカポレイ、フィリピン系が多いとされるカリヒやワイパフなどはあるものの、それらの地区にも様々な民族が共住している。カポレイでは最近大規模な宅地開発が進んでいるし、ワイパフにはかつて日系人が多く住んでいたが、製糖業の衰退とともに人口構成は変わってしまった。養豚業を営む沖縄系が多く住んでいたハワイ・カイは今や高級住宅地である。このように次第に地域は変容し、「その民族ならここ」と言うことが難しくなってきている。異民族間結婚もそれに拍車をかけている。

ホノルルの向こう側 ~ハワイの日系社会に迎えられて~

第5回 失われつつあるのかもしれない日本的価値観 ― 変わりゆくハワイの文化 ―

Seiji Kawasaki

ハワイの日系社会をテーマに連載を始めたこのエッセイだが、はたしてハワイに「日系社会」なるものがあるのかという疑問に突き当たることがある。チャイナタウンのような民族コミュニティが見える形で存在しているのはむしろ例外的である。アラモアナ・ショッピングセンターの山側に、コリアンタウンの始まりのようなものを感じることはある。だが、ハワイ系の多いワイマナロやカポレイ、フィリピン系が多いとされるカリヒやワイパフなどはあるものの、それらの地区にも様々な民族が共住している。カポレイでは最近大規模な宅地開発が進んでいるし、ワイパフにはかつて日系人が多く住んでいたが、製糖業の衰退とともに人口構成は変わってしまった。養豚業を営む沖縄系が多く住んでいたハワイ・カイは今や高級住宅地である。このように次第に地域は変容し、「その民族ならここ」と言うことが難しくなってきている。異民族間結婚もそれに拍車をかけている。

Login or Register to join our Nima-kai

Informação

1965年愛媛県松山市生まれ。筑波大学第一学群社会学類法学主専攻卒業。筑波大学大学院修士課程教育研究科修了。筑波大学大学院博士課程教育学研究科単位取得退学。東京学芸大学教育学部専任講師、助教授、准教授、ハワイ大学教育学部客員研究員(2001-2002年、2008年)などを経て、現在、東京学芸大学教育学部教授、博士(教育学・筑波大学)。専門分野は社会科教育・多文化教育,ハワイ研究,授業研究方法論。著作は『多文化教育とハワイの異文化理解学習―「公正さ」はどう認識されるか』(単著、ナカニシヤ出版、2011年)ほか。

Interesses sobre os nikkeis

  • histórias comunitárias
  • histórias familiares
  • bairros japoneses

Kizuna 2020: Bondade e solidariedade nikkeis durante a pandemia da COVID-19

Leia as histórias e compartilhe as suas!

Mais do Que um Jogo: Esporte Nikkei

O prazo para o envio de artigos até 31 de outubro.

Leia as histórias Esporte Nikkeis >>

Receba novidades

Cadastre-se para novidades por e-mail

Journal feed
Events feed
Comments feed

Apoie o projeto

Descubra Nikkei

O site Descubra Nikkei é um lugar once você pode se conectar com outras pessoas e assim participar nas experiências dos nikkeis. Para continuar a manter e expandir este projeto, nós precisamos da sua ajuda!

Maneiras de ajudar >>

Projeto do Japanese American National Museum

Patrocinador principal: The Nippon Foundation