Sachio Negawa

Sachio Negawa é professor-assistente dos departamentos de Tradução e Línguas Estrangeiras da Universidade de Brasília. Mora no Brasil desde 1996. É especialista em História da Imigração e Estudos Comparativos entre Culturas. Tem-se dedicado com afinco ao estudo das instituições de ensino nas comunidades japonesa e asiática em geral.

Atualizado em março de 2007

education ja

海を渡った日本の教育

第3回 大正小学校(2)

「大正小学校(1)」を読む>>

大正小学校をはじめ、戦前のブラジル日系教育機関の最盛期は1930年代である。コンデの坂下からサン・ジョアキン通りに移転した大正小学校は、次第に学校としての機能を充実させていった。

信濃海外協会(1922年創立)は1928年頃から長野師範学校卒業生をブラジルに留学させていた(二木, 1996, p.142)が、1933~34年には、柳沢秋雄、坂田忠夫、二木秀人の3人が現地の師範学校留学を命じられた。これは、ブラジル正規教員の資格を取ら せ、日系子弟の教育に任ずるためである ...

continue a ler

education ja

海を渡った日本の教育

第2回 大正小学校 (1)

坂の多いサンパウロの中心部に、ブラジルの日本人にとって特別な坂がある。

      「おいジャポネース(日本人)、気をつけなよ。この辺りはドロボーばっかりだよ」

 

汗をふきふきその急坂を上り下りしていると、中年の男が声をかけて通り過ぎていった。昼間でもこの辺りは物騒である。「こんなところで日本人がウロウロしていると危ないよ」と、親切で言ってくれているのはわかるが、私はよっぽどその男の背中に、声をかけ返そうかと思った。

    「この辺りは昔ジャポネース(日本人)ばかりだったんだよ…」

そう、このコンデ・デ・サルゼーダスの坂は日本人にとっては特別な坂なのだ(写真2-1)。サルゼーダス伯爵のお屋敷のあったこの通りには、100 年前に日本人が住み始めた ...

continue a ler

education ja

海を渡った日本の教育

第1回 はじめに

私たち人間の生活において、教育はもっとも基本的な営みの一つである。教育する/教育されるという行為は、衣食住とともに、人間生活に深く結びつい ていると言える。それゆえ、地域や集団によって、ことばや文化を異にするように、教育にもまたさまざまな様式・地域性が生み出されてきた。

教育が人間生活の基本的な営みであるかぎり、教育は人間の移動とともに旅をする。グローバル化とローカル化が同時進行する世界において、人間の活動 は一国・一地域で完結するのではなく、さまざまな国や地域をまたぐ越境的な営みとなる。教育もまたそういった越境性を持つ人間の営みであり、その主体の文 化的特性が顕著に現われる活動の一つである。ここでは、それぞれの集団・地域の教育のシステムや様式 ...

continue a ler

community ja

Um bairro japonês no Brasil

第15回 (最終回) — 日本人街の現在と明日

サンパウロに行けば、「日本」に会える。サンパウロから約1000キロも離れた内陸ブラジリアの若者たちには、そんな共通認識がある。その「サンパウロ」は、ばくぜんと東洋街を指しているようだ。

今年2008年5月22、23日に行われた日本人カブキ・ロック・アーチスト雅(Miyabi)のコンサートには、筆者の教え子たちもブラジリアか ら駆けつけた。会場は東洋街エリアの中心の一つ、日本文化協会の大講堂だったが、チケットは1200席全席が二週間前に完売したという。文化協会前では、 コンサートの三日前から席取りのための長い列が見られたほどの大人気だった。地方から東洋街にやってきた雅のファンたちは、コンサートに熱狂した後の興奮 を持続させながら ...

continue a ler

community ja

Um bairro japonês no Brasil

第14回 華人系・韓国系の東洋街進出

最近、サンパウロ東洋街でよく耳にするのは、「ここが日本人街だったのは昔の話。今は中国人や韓国人ばっかりになってしまった」という日系人の嘆きであ る。繁体字や簡体字の看板だけ見て歩いても、華人系商店の進出のいちじるしさがわかる(写真14-1)。実際、ブラジル日本文化協会の古びたビルの、交差 点をはさんで斜め向いに2005年に建設されたブラジル客家活動中心(地上4階・地下3階)のモダンな姿は、東洋街における華人系プレゼンスの増大を視覚 的にも象徴している観がある(写真14-2)。

筆者が髪をカットしてもらっているコンセリェイロ・フルタード通りの若い理容師さんも、広東出身の華人ニューカマーである。ポルトガル語は、挨拶程 度 ...

continue a ler