Yumiko Hashimoto

Yumiko Hashimoto é nascida na cidade de Kobe da província de Hyogo. Vive em Los Angeles desde 1997. Trabalha como jornalista da Nikkey Community escrevendo artigos focalizando temas locais. Durante a sua vida no Japão, nunca tinha ouvido falar de campos de refugiados da Segunda Guerra Mundial e nem conhecia a palavra “Nikkei”. Ela participa deste Discover Nikkei com a esperança de poder aproximar um pouco entre si, os nikkeis que vivem aqui.

Atualizado em outubro de 2008

community ja

生活排水の再利用から誕生した サンフェルナンドバレーの日本庭園「水芳園」 - 今後の継続のために、ぜひ訪問を!

12月中旬、雨上がりの「水芳園」を訪れました。サンフェルナンドバレー、ヴァンナイズのティルマン下水再利用プラント内にある日本庭園です。 訪問にあたり、前もって電話にてドーセント(ガイド)をお願いしておきました。運が良かったのか、この時間に予約したのは私一人。ドーセントのジュリー・ウーさんと二人で廻ることになりました。 この日本庭園が造られた歴史から始めることにしましょう。 「水芳園」がある下水再利用プラントの正式名称は、「Donald C. Tillman Water Reclamation Center」。ドナルド・ティルマンは、ロサンゼルス市の水道技術者だった人です。60年代、市の水道局に勤務していたティルマンは、サンフェルナンドバレー地区の下水量増加という問題を抱えており、解決策として二つの選択肢を迫られました。一つはロサンゼルス地区の巨大プラント、ハイペリオン下水処理場に送られる下水管を増設すること、そしてもう一つは水の再利用施設を作ることでした。 ティルマンが選んだのが後者。下水(生活排水)が、いかにきれいな水に戻されるのか、市民に知ってもらいたいという考えからです。そこで、UCLA時代、日本庭園に造詣の深いカワナ・コウイチ教授に学んだティルマンは、処理された下水を活用した日本庭園を思いつきました。カワナ教授による全面的な協力を取り付け、日本庭園の造園計画が始まりました…

continue a ler

community ja

ニッケイ・シニア・ガーデンズを訪ねて -サンフェルナンドヴァレーに生まれた日系高齢者向け住宅で“敬老”精神を実践-

昨年1月下旬、サンフェルナンドヴァレーのアーレタ市に介護付き住宅施設「ニッケイ・シニア・ガーデンズ」が誕生した。その名の通り、日系アメリカ人の高齢者を主な対象とした施設だ。まだ木々の成長も初々しい「ニッケイ・シニア・ガーデンズ」を訪ねた。 [inline:front.JPG] 施設を案内してくれたのは、エグゼクティブ・ディレクターのアラン・スライトさん。施設の管理者は日系人と思い込んでいた私は、白人のスライトさんを見て、少しびっくり。日本人らしい先入観だった、ここはアメリカなのだ。 聞けばスライトさんは、この施設を管理する会社シニョリティーから派遣されているという。同社はサンフランシスコにある日系高齢者向け住宅「ココロ」を管理しており、それが縁で「ニッケイ・シニア・ガーデンズ」も手がけることになったとか。 「ニッケイ・シニア・ガーデンズ」は、同施設から歩いて10分のところにあるサンフェルナンドヴァレー・ジャパニーズ・アメリカン・コミュニティ・センターの有志によって企画された。彼らが施設のために新会社を起こし、10年以上の年月をかけて認可の申請を行い、資金を集めた。実際に建設が始まったのは2007年からだという。昨年オープンして、現在の入居者は85名。入居占有率は86%に上る。不況時にしては高い数字なのだそうだ(入居者は日系人がほとんどだが、限定されているわけではない。人種の指定は…

continue a ler

community en ja

40 Families History Project

Local library traces the history of 40 families through a commemorative photo of Japanese immigrants living in Palos Verdes at the beginning of the 20th Century “Looking at the photo, I wondered who these people were. Who are they? Who are their families? I wondered if we couldn’t piece it all together.” So thought Marjeanne Blinn, a Palos Verdes Library District librarian, as she looked at a photo of Japanese American families on the wall of the Local History Room where she works. [inline:40 Families12_lg.jpg] The caption below the photo—written in Japanese—says…

continue a ler

business ja

米で指圧師歴29年のベテラン、目時強さん-数々のミラクル施術も 「良くなった」と言われるのが嬉しい-

アメリカに来て、一般のアメリカ人に普及していることに驚いたもの…スシ、カラオケ、クロサワ、ハローキティ…。そしてもう一つ、シアツだ。リトル東京で「E-Z 指圧&マッサージ」を経営する目時強(めとき・つよし)さんは、1981年からアメリカで指圧師として働き始めた。まだほとんどのアメリカ人が、ツボを押される心地良さを知らなかった頃だ。 [inline:Standing.jpg] アメリカで働き始めた頃は、お客さんはアメリカ人が大半だった。「お客さんには嫌がられました。私が強く押すから嫌だって言うんです。そういうお客さんばっかりだったですね。こちらでは指圧が使えないと分かりました」 目時さんは、日本で指圧師の学校に通いながら、治療院でインターンとして働いていた頃、お客さんの一人で、不動産業を営む社長がアメリカの温泉に投資していることを知った。そこに日本人の指圧師を連れて行きたいというのである。もともとアメリカが好きで、移住するのにビザが取りやすいとの話を聞きつけ、指圧を勉強していた目時さんには“渡りに舟”の話。すぐに飛びついた。 80年代初頭と言えば、まだ日本が右肩上がりの好景気の時代、目時さんは、くだんの社長が投資していたシティ・オブ・ブレア(オレンジ郡)のラビダ温泉で働き始めた。日本で指圧を受けに来るお客さんは、たいてい肩のこり…

continue a ler

food en ja

Preserving The Origins of Sushi – Chef Toshihiko Seki: The “Japanese Flavor” that can only be pursued in Little Tokyo, Los Angeles

“Did I struggle in the East Coast? Not at all.” Toshi-san stands behind the counter, and with a disarming smile asks, “Is there anything that you don’t like?” [inline:Seki Toshihiko.jpg] Toshi Sushi is located three doors down from the Japanese American National Museum in Little Tokyo. The man behind the counter preparing the sushi is the owner of this establishment, Toshihiko Seki. Known as “Toshi-san” to all of his patrons, he made his move from Connecticut to Los Angeles just three years ago. “Among the restaurants in the New England area (in…

continue a ler