Keiko Fukuda

Keiko Fukuda nasceu na província de Oita, se formou na Universidade Católica Internacional e trabalhou num editorial de revistas informativas em Tókio. Em 1992 imigrou aos EUA e trabalhou como editora chefe numa revista dedicada a comunidade japonesa. Em 2003 decidiu trabalhar como ¨free-lance¨ e, atualmente, escreve artigos para revistas focalizando entrevistas a personalidades.  Publicou junto a outros escritores o “Nihon ni Umarete” (Nascido no Japão) da editora Hankyuu Comunicações. Website: https://angeleno.net 

Atualizado em julho de 2020 

identity ja

渡米17年目の新一世が見た東京

アメリカに移住してきて17年目になる。その前は東京の出版社で働いていた。通勤手段は地獄のような満員電車である。「それでもボクはやっていな い」という日本映画があるが、あの映画のように、男性が痴漢に間違えられるのもあり得そうなほど満員電車の混雑ぶりは酷い。他人の濡れた傘が、自分の足に ぴったり張り付く雨の日は特に劣悪な車内環境である。

さて、そんな東京暮らしに別れを告げて、1992年3月にロサンゼルスに引っ越してきた。そうなると移動手段は当然、自動車。電車と違って自分だけ の空間が確保できる。至極、快適である。東京に戻りたくない理由、それは何かと言えば、その中の一つは確実に「満員電車」である ...

continue a ler

food ja

家庭料理を超えた沖縄料理専門店がLA郊外で繁盛中

2008年初夏、ロサンゼルス郊外のトーランスに沖縄料理の店が開店した。店名を「沖縄居酒屋・SHIN」と言う。開店前から、「いよいよ本格的な 沖縄料理専門のレストランができるらしい」と、在ロサンゼルスのウチナーンチュの間では噂になっていた。かく言う筆者自身も楽しみにした沖縄料理ファンの 一人。沖縄出身ではないが、同県の物産をアメリカにPRするお手伝いをしている関係で、2008年2月に沖縄に渡った。現地で味わった、ゴーヤチャンプ ルー、グルクンの唐揚げ、海ぶどうは絶品だった。あの味を再び、アメリカにいながらにして食べられると思うと待ち遠しかった。

トーランスに隣接するガーデナには、全米でもハワイについで大規模な北米沖縄県人会の本部がある ...

continue a ler

culture en ja

Spreading the Greatness of Ikebana, As Long As I’m Alive: Reiko Kawamura

Mrs. Allen and Ikebana International

For Kawamura-san, whose mother was also an instructor of the Ohara style, the introduction to ikebana came while she was still just a little girl.

“After the war, my mother taught ikebana to Mrs. Allen, who was the wife of a lieutenant who worked under General Ridgeway, who had just replaced General MacArthur. My mother had studied abroad in the U.S. with my father before, so she was able to teach the wives of American military personnel in English. So back then, my mother’s students consisted of people from the American consulate and ...

continue a ler

education ja

日本での移民教育の実態: ワークショップ形式のセミナーに参加

8月30日、パサデナセミナーの主催により日系移民に関する非常に興味深いワークショップ形式の講演会が開かれた。日系移民について知るための講演 ではない。日系移民について、日本国内でどう教育が行われているかに関する講演である。 講師は中央大学の森茂岳雄さんと、京都ノートルダム女子大学の中山京子さん。彼らは学校の教師になるために勉強している大学生を相手に講義を受け持ってい る。中山さんは、移民についての表記を盛り込む目的で、小中学生向けの教科書の編集委員も務めている。

中山さんが移民について関心を持つようになったきっかけは、シアトルで出会った日系アメリカ人男性だった。ダウンタウンを歩いている時に、向うから 日本人だと思われる人が歩いてきた。「Are you Japanese?」と聞いた中山さんに、相手の男性は「I’m ...

continue a ler

culture en ja

There is No End to The Way of Ikebana: Shofu Shōhara / Minako Hayashida

Drawn to the Ohara style by its wide spectrum of challenges

As part of the annual Nisei Week celebration, the Kad? Instructors’ Association holds an ikebana exhibition every year. The association transcends the differing styles of Ikenob?, Ohara, and S?getsu, and instructors of each style participate. At the venue inside the Japanese American Cultural and Community Center (JACCC), I asked Minako Hayashida-san of the Ohara school for an interview.

Hayashida-san, who currently heads the Ohara Los Angeles Branch, first came into contact with ikebana in 1983.

“As a person working in jewelry design, I was always looking for ways ...

continue a ler