monakasoneによるコンテンツ

日本が誇る魚の食文化 — 鮮度保存の裏技「活〆」普及に駆ける新一世

中曽根 牧子

“To spread ‘Ikejime’ not only in the States, but throughout the world is my big dream,” says Shin-Issei Seiichi Yokota. The 43-year-old from Toyama prefecture is proud to promote this ancient Japanese technique to keep the fish fresh much longer than the conventional method used in the States. He has ...

パサディナの日本庭園を守る、「二世半」

中曽根 牧子

Every Thursday morning, Dawn Ishimaru Frazier (82) looks forward to driving down the street of Pasadena to Storrier Stearns Japanese Garden. Within five minutes, she is in the world of tranquility and relaxation. “I like the quiet time the garden provides for my soul to relax,” she says.

Login or Register to join our Nima-kai

サイト情報

山梨県出身の新一世。元日本経済新聞、日経アメリカ社記者。ジャーナリスト。夫は三世。高校時代にサウスダコタへAFS交換留学。ロータリー国際親善奨学生として西ドイツ(当時)のフライブルク大学へ留学。

日系関連の興味分野

  • コミュニティ
  • 家族史
  • 日本町

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団