Enlarge Enlarge Licensing

Cover scanned from the final issue of GIDRA  magazine (April 1974).

Gidra was a monthly publication that called itself the “voice of the Asian American movement.”  Founded by University of California, Los Angeles (UCLA) students in April 1969, the magazine took a radically progressive political position, providing information about the movement not found elsewhere in the mainstream media. The magazine eventually moved off campus, operating out of a series of offices in the Crenshaw area until its last issue went to press in April 1974.

Included in the Drawing the Line: Japanese American Art, Design & Activism exhibition on view at the Japanese American National Museum from October 15, 2011 through February 19, 2012.

Gift of Janice Diane Tanaka, Japanese American National Museum (90.8.1)

JANM — 更新日 8月 05 2020 9:30 p.m.


絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団