• ja
7 移民を授業する - 日系アメリカ人の記憶から学ぶ: 青木・ジューン・美智子(ジューン・ミチコ・アオキ)さん

team-nikkei-usa
Enlarge Enlarge Licensing

おふくろの味

母が生きているときは毎日日本食でしたけれど、今はリトル東京に来た時にお弁当を食べるくらいです。和歌山出身なので母から習ってさば寿司もつくれますよ。冷やしそうめんやざるそば、パスタなどの麺類が好き。お正月にはおせち料理もつくります。和歌山の御坊で有名な「なれずし」も好きです。
 うちの「おふくろの味」は、和歌山出身なのでさば寿司です。「茶がゆ」はおばあちゃんの時代から。その他は肉じゃが、かぼちゃの煮物など。
 1年前に母の法事で和歌山へ行った。4月に母のお骨をもって京都へ。おばさんが日本にいるので、元気な間に帰りたい。  

Based on this original

おふくろの味: なれずし
uploaded by team-nikkei-usa
帰米3世ジューン・ミチコ・アオキ(青木美智子)さん手作りのなれずし。 写真提供: 多文化社会米国理解教育研究会 More »


最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団