• ja
5 移民を授業する - 日系アメリカ人の記憶から学ぶ: ヘンリー・S・ヤスダ さん

team-nikkei-usa
Enlarge Enlarge Licensing

Untitled

<<インタビューからの抜粋>>
次の世代の二世も一世の気持ちを受け継いでアメリカ社会で初めからやりなおすという意識で一生懸命に頑張ってきたのです。いわゆる「服従的な日本人」(Quiet Japanese)とよばれている人々の持っている美徳意識なのです。でも三世になると彼らはアメリカ社会の教育で育ち,罪を犯していないのになぜ日本人たちは公聴会もなく裁判もなく強制収容されたのかという事実を追究していったのです。戦争が終わって再び生きる道を日本に求めたのです戦争はいったん始まれば、やはり「日本人」としてあることを意識せざるを得なくなります。結局のところ髪が黒い限り日本人であると見られるのです。戦争が終わって収容所からで出た日本人の中には,なんとか日本的な要素を取り払ってアメリカ人以上にアメリカ社会にとけ込もうと努力した人々もいました。私の友達も仏教からキリスト教に変わり,日本学校に通わせていた子どもとアメリカの学校に変えたりしたのです。

この写真は、戦争で離れ離れになった家族らが、26年後ロサンゼルスのボイルハイツで再会した時のものです。

Based on this original

Henry Yasuda: Familiy reunion
uploaded by yn
Henry Yasuda, reunited with his siblings, parents, and grandmother in Boyle Heights, California in 1962 after 26 yers of family separation. Photo courtesy of Henry S. Yasuda More »


ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団