• ja
3 移民を授業する - 日系アメリカ人の記憶から学ぶ: トモエ・ニシ(西ともえ) さん

team-nikkei-usa
Enlarge Enlarge Licensing

大好きだった日本語学校

しばらくして、父が桟橋をかける仕事についたのでヒロを離れました。私たち家族もいっしょに行きましたよ。母は工事現場で働く独身者の洗濯を代わりにしてあげる仕事をしていました。一世の両親に育てられた私は,日本人に近いんですよ。小学校に入るまで,家の中では日本人として生活しているでしょう。アメリカのことは小学校に入ってから勉強しました。子どものころは学校が大好きでした。それぞれの村には日本語学校が一つずつあったんです。私は 2 時まで公立の学校で生活し,その後は隣にある日本語学校で 1 時間,読み方,書き方,修身を勉強しました。10 年で卒業する日本語学校に 2年残って,合わせて 12 年間通いました。勉強ができる友だちがライバルで,負けないように勉強しましたよ。

Based on this original

旧日本語学校の校舎、ヒロ
uploaded by team-nikkei-usa
ハワイ州ヒロ、旧日本語学校の校舎 写真提供: 多文化社会米国理解教育研究会 More »


ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団