• ja

1 移民を授業する - 日系アメリカ人の記憶から学ぶ: ソウジロウ・タカムラ(高村總二郎) さん

Licensing

日本の学校で使用する教材作成のために、ハワイプランテーションビレッジでボランティアガイドをしているソウジロウ・タカムラさんにインタビューをしました。真珠湾攻撃時の体験、三兄弟が日米に分かれて従軍することになってしまった悲劇、戦後のGHQでの活動などについて語ってくださりました。プランテーションビレッジで日本からくる若者にたくさんのメッセージを伝えています。 >> インタビュー記録の印刷 (PDF) © 2008 多文化社会米国理解教育研究会

Slides in this album 

真珠湾攻撃の日

12月7日の朝6時頃,ラナイ島で積荷を降ろして船でホノルル港に戻ったの。それから8時頃,カイルアで野球をする約束をしていて仲間をのせて車で野球場に向かった。その時カネオヒの基地にむかって空軍機が射撃している様子が見えて, 「今日も演習かな」と思いましたね。ところかが, ラジオで「This is a real McCoy! Not a sham battle!」(これは本当の攻撃だ! 演習ではない!)と繰り返されるのを聞いて驚いたよ。出会った米兵に家に戻るように言われて慌てて家に戻り,屋根によじ登って真珠湾の方を見たの。そうしたら煙がもうもうとあがっているのが見えましたよ。

The "Day of Infamy" - a Turning Point for these Women
Contributed by: cshikai

Untitled

町の近くに爆弾が落ちて,二人死にましたよ。それはアメリカ軍の対射砲が日本軍に向けて砲撃されたけれど当らずに落ちて来たものだったの。まさか日本が攻めてくるなんて思わなかったね。夜,灯火管制になってはじめて戦争だって実感したの。

ぼくはその後二ヶ月間毎日クヒオの救急センターに通ってけが人の手当や仕事をしながら,「いざ」に備えていました。当時はでたらめな噂があって,例えば日系人が多く働いていたミルク配達人は朝早くからハワイ中を動いているから彼らが日本軍の攻撃案内をしたとかね。二世は日本の攻撃後,困っていましたよ。道で会っても日本人流の振る舞いをやめていました。日本人と思われることが気になったからね。

国立太平洋記念墓地 「パンチボウル」
Contributed by: team-nikkei-usa

アメリカ軍へ入隊

ぼくは1944年に入隊して軍事情報局に入った。そこには日系二世が集まって,朝6時から夜の8時まで日本語猛特訓をした。教材は普通の日本語だけでなく日本軍言葉や書類だったの。終戦時にはフィリピンのマニラにいて,前線で日本軍の通信傍受翻訳や書類翻訳をしていました。同じ 仕事をしていた二世の仲間で戦死した仲間もいた。それかが運命。仕事の担当がぼくだったら僕が戦死していた。終戦直後,マニラで偶然の出来事が起こって,戦争前に日本に行って二世と結婚した姉の夫が日本軍属の通訳としてマニラにいたの。彼がそっと姉の旧姓のタカムラを知っているかとぼくに聞いたから驚いた。二人とも感激したけれど,当時敵味方の立場だから複雑だった。姉の消息と住所だけ確認できたからよかった。それからぼくは横浜に行った。戦艦ミズーリの上で日米が調印した時,アメリカ軍として通訳の仕事をしていた。1945年9月6日に東京に入って, GHQで戦後処理の仕事をしたのね。

旧連合国軍総司令部(GHQ)
Contributed by: team-nikkei-usa

家族の運命

ぼくの兄はハワイ大学を卒業してから早稲田大学に留学をしていたの。二重国籍をもっている兄は日本軍に招集されて,沖縄で戦死した。この話はあまりしたくないの。1940年にハワイで兄と別れてから会っていないし,戦争になってからは音信も途絶え,どんな気持ちで最後を迎えたか想像できない。大学教育まで受けたアメリカ人なのに。
弟は真珠湾攻撃の後442部隊に志願した。両親は兄弟の運命を思ってそれはつらかっだろうね。父は日露戦争中ハワイへ来た。ハワイで洋服店をしていた。母の父は官約移民としてハワイに来て,母はハワイで生まれて日本に戻ったけれど,ハワイで生まれた証明ガなかったものだから,写真花嫁として日本人としてまたハワイにやってきた。父はぼくに日本とハワイの架け橋になるよう言っていた。

注)Photograph contributed by Bill Watanabe. Names of people: Katsuye Furayama, Densaku Furayama, and two members of the Watanabe family.
See original photos: http://www.discovernikkei.org/nikkeialbum/en/node/7665

Picture Bride 1932
Contributed by: CSUNAsianAmericanStudies

ハワイのプランテーションビレッジでボランティア

今はハワイのプランテーションビレッジで日本からのお客さんにボランティアでガイドをしています。日本の若い人たちの中に同じアジアの国や人に対して軽んじている雰囲気をたまに感じるの。おかしいね。ハワイでは肌の色もいろいろあり、ルーツもいろいろだけれどみんな平等。

日系床屋家屋
Contributed by: team-nikkei-usa

ソウジロウ・タカムラ (高村總二郎)

1920年ハワイ州オアフ島ホノルル生まれ。
真珠湾攻撃を経験後,米軍入隊。戦後GHQで通訳。現在,ハワイプランテーションランテーションビレッジでボランティアガイドとして活動。

日系アメリカ人の個人史をつむぐ - ソウジロウ・タカムラ (高村總二郎) さん
Contributed by: team-nikkei-usa


ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団