ボランティアの声:全米日系人博物館を支える人々

このシリーズでは、ニットータイヤからの資金提供を受け『羅府新報』が出版した冊子「ボランティアの声:全米日系人博物館を支える人々 (Voices of the Volunteers: The Building Blocks of the Japanese American National Museum)」から、全米日系人博物館ボランティアの体験談をご紹介します。

数年前、ニット―タイヤはロサンゼルスの邦字新聞『日刊サン』と共同で全米日系人博物館(JANM)のボランティアをインタビューしました。2014年末、これらのインタビューを小冊子にまとめるべく、ニットータイヤから私たち『羅府新報』に声がかかり、私たちは喜んで引き受けることにしました。JANMインターン経験者の私は、ボランティアの重要性や彼らがいかに献身的に活動しているか、そしてその存在がどれほど日系人の歴史に人間性を与えているか、実感していました。

冊子の編集にあたり、私は体験談ひとつひとつを何度も読み返しました。それは夢に出てくるほどでした。彼らの体験談に夢中になるのは私だけではありません。読んだ人は皆彼らの体験にひきこまれ、その魅力に取りつかれました。これが体験者本人の生の声を聞く醍醐味です。JANMのガイドツアーに参加する来館者が、ボランティアガイドに一気に親近感を抱く感覚と似ています。ボランティアへの親近感がJANMの常設展『コモン・グラウンド』を生き生きとさせるのです。30年間、ボランティアが存在することで日系史は顔の見える歴史であり続けました。その間ボランティアはずっとコミュニティの物語を支えてきました。次は私たちが彼らの物語を支える番です。

以下の皆様の協力を得て、ミア・ナカジ・モニエが編集しました。ご協力いただいた皆様には、ここに厚く御礼申し上げます。(編集者 - クリス・コマイ;日本語編者 - マキ・ヒラノ、タカシ・イシハラ、大西良子;ボランティアリエゾン - リチャード・ムラカミ;インタビュー - 金丸智美 [日刊サン]、アリス・ハマ [日刊サン]、ミア・ナカジ・モニエ)

提供:

community en ja

ネーハン・グラックさん

ボランティアのガイドとして、ネーハンさんはプライド、思いやり、そして信念をもってツアーを先導している。ツアーをする彼を見て、多くの人が驚き、ひょっとしたら少し目新しく感じるのは、彼のルーツが日本に全くないからだ。

ニューヨークで生まれたネーハンさんは、6歳の時にカリフォルニアへ移った。1950年代の一つの偶然の出会いが、彼が想像し得なかった形で彼の人生を変えることになる。日系二世のカズト・ヒラタさんと出会ったのだ。この出会いが、彼が日系アメリカ人の歴史に興味を持つきっかけとなった。

彼らは親友になった。カズさんが第二次世界大戦中にローワー収容所に送られたと知ったときのことについて「本当に驚いたよ。だって彼は二世だから」とネーハンさんは言う。朝鮮戦争に従軍したネーハンさんには、何もしていないのにアメリカ国民が収容されるということが理解できなかったのだ。

二人の間の友情は60年以上にわたって今日まで続いている。カズさんは1957年に結婚し ...

続きを読む

community en ja

馬上 直

東京生まれの直さんは、1970年代、カリフォルニアの州立大学に在学中、日系人の友人が日本語を話さないことに気がついた。同じ東洋人でも、中国系、韓国系の学生は親が話す母国の言葉をそれぞれが話すのに、日系人だけなぜ話さないのだろうと不思議だった。そんなとき、日系人が強制収容所に入る体験を描いたテレビ映画「Farewell to Manzanar(マンザナールよ、さらば)」 をアジア系アメリカ人研究の授業で見て、初めてその理由がわかったような気がした。

それから30年以上たったころ、全米日系人博物館が、その映画をDVD化し、5年にわたり決められた数のDVDを販売する契約をとりつけた。その後、直さんは、日本語字幕をつける作業を手伝うことになった。「自分が最初に日系人の歴史を学ぶきっかけになった映画に再会したことに不思議な縁を感じた ...

続きを読む

community en ja

カイル・ホンマさん

カイル・ホンマさんは全米日系人博物館のヒラサキ・ナショナル・リソースセンターでボランティアをしている。彼がボランティアを始めたのは、博物館の開館当初から16年間ボランティアを続けた父方の祖父母、ヒデオさんとジューンさんの影響だ。

カイルさんは日系アメリカ人四世であるとともにメキシコ系アメリカ人の四世でもある。彼が祖父母に連れられて全米日系人博物館を初めて訪れたのは1997年、彼が小学一年生のときだった。「リトル・トーキョーの存在さえ知りませんでしたよ」と彼は話す。当時の彼は、自分が後に博物館でボランティアをすることになるなど思いもしなかったのだ。

インタビュー当時25歳で学生のカイルさんは、博物館で最もエネルギッシュなボランティアの一人だ。学業、アルバイト、そしてボランティアを全てをうまくこなしている。「平日は特に時間をしっかり管理しないといけません」とカイルさんは言う。このやる気は、1990年代に初期のボランティアとして活動した祖父母から受け継いだそうだ。

「祖父母が私を博物館に引き込んだんです ...

続きを読む

community en ja

鮫島等さん

鮫島等さんは、1921年カリフォルニア州パサデナ市に生まれた。両親はともに鹿児島県の出身だ。日米が開戦した1941年、南カリフォルニア大学の3年生だった。日英両語が堪能な等さんは、第二次大戦中、日米両国の狭間で難しい立場に置かれた。

1942年、家族とともにアリゾナ州のヒラリバー強制収容所へ送られ、1944年にアメリカ陸軍に召集された。日本語が堪能な日系二世を中心に編成された米陸軍情報部(Military Intelligence Service=MIS)に所属した等さんは、フィリピンへ送られ、日本人捕虜の尋問を任された。「捕虜の住所も名前もわかったから、本当は日本にいる家族に『息子さんは生きているよ』と知らせたかったが、できなかった」と当時を振り返る ...

続きを読む

community en ja

ヤエ・カノガワ・アイハラさん

今日の全米日系人博物館における日本語ガイドの中で、ヤエ・カノガワ・アイハラさんは最後にして唯一の第二次大戦中に収容所での暮らしを経験した日系二世だ。他の日本語ガイド達は日本で生まれ育ったもの、または帰米と呼ばれる日本で育ち日本語を学んだものたちだ。ヤエさんは子供の時に日本語を学び始め、第二次大戦中もテキサスでも日本語の学習を続けた。

ヤエさんはワシントン州タコマで生まれ、戦争が始まったとき16歳だった。彼女の父、ショウ・カノガワさんは和歌山県出身で食料品店を経営していた。彼は主に和歌山県人会の代表として積極的にシアトルの日系コミュニティに参加し、また柔道道場の顧問や日系商工会議所の役員なども務めた。

真珠湾攻撃の夜、ショウさんはFBIに逮捕され、ニューメキシコに拘留された。残りの家族は、ピュアラップのフェアグラウンド(屋外催事場)に建てられた集合センターへ送られた。

「粗末な建物でした」とヤエさんは語る。木材は手入れされておらず ...

続きを読む