『北米時事』から見るシアトル日系移民の歴史

北米報知財団とワシントン大学スザロ図書館による共同プロジェクトで行われた『北米時事』のオンライン・アーカイブから古記事を調査し、戦前のシアトル日系移民コミュニティーの歴史を探る連載。このシリーズの英語版は、『北米報知』とディスカバーニッケイとの共同発行記事になります。

第1回から読む >>

* * * * *

『北米時事』について 

鹿児島県出身の隈元清を発行人として、1902年9月1日創刊。最盛期にはポートランド、ロサンゼルス、サンフランシスコ、スポケーン、バンクーバー、東京に通信員を持ち、約9千部を日刊発行していた。日米開戦を受けて、当時の発行人だった有馬純雄がFBI検挙され、日系人強制収容が始まった1942年3月14日に廃刊。終戦後、本紙『北米報知』として再生した。

community en ja

第10回(その3)『北米時事』の歴史 — 女性社員の投稿と5000号記念

前回は『北米時事』の寄稿者の様子と社員についての記事を紹介したが今回は女性社員の投稿記事と5000号記念及び購読料の値上げ記事についてお伝えしたい。

女性社員の投稿記事

高谷しか子「新聞と記者と読者と寄稿者」(1918年3月29日号)

「私は新聞社の努力を促したいと共に一般の同胞にも希望致したい事がある。新聞経営者がたとえ貢献的精神のものであっても機械に油がきれては廻せないから如何に聖職である教師も御飯を食べずに生徒の前に立てない。されば少なくとも同胞に貢献する新聞に対しては、私達はそれに報ゆるに援助を以てしなければならないだろうと考える。

(中略)私がシアトルへ着いて常盤旅館へ宿泊した時、階段を昇って左…

続きを読む

community en ja

第10回(その2)『北米時事』の歴史 — 広がる寄稿者の輪と社員の様子

前回は『北米時事』の創刊時の様子についてお伝えしたが、今回は広がる寄稿者の輪と社員の様子についての記事を紹介したい。
 

広がる寄稿者の輪

『北米時事』が有馬家が受け継いだ後も、創業メンバーや初期の主筆らは、同紙と深くかかわっていたようだ。また、元社員の多くが、その後も各地から記事を寄稿していた。 

「北米時事社 名簿」1918年1月1日号、1919年1月1日号

1918年1月1日号及び1919年1月1日号に当時の北米時事社社員名一覧がある。この一覧を見ると、シアトル本社に20数名、ロサンゼルス、ニューヨーク、バンクーバー等に10数名、日本にも数名の社員がいた。有馬純清(すみきよ)社長は19…

続きを読む

community en ja

第10回(その1) 『北米時事』の歴史 — 創刊時の様子

前回は日本人ホテル業の発展についてお伝えしたが、今回はシアトル日本人コミュニティを支えた邦字新聞について、とくに『北米報知』の前身にあたる『北米時事』の創刊時の様子についてお伝えしたい。
 

邦字新聞の誕生

20世紀に入ると、シアトル日本人コミュニティの発展と共に多くの邦字新聞が誕生した。北米時事は、歯科医だった隅元清(くまもと・きよし)、平出商店創業者の平出倉之助(第4回「シアトルで活躍した人達」平出亀太郎 参照)、矢田貝柔二、山本一郎の4名が出資、山田作太郎(さくたろう)鈍牛(すみぎゅう)を最初の主筆として、1902年9月1日に日刊邦字新聞として創刊した。当時のオフィスは、ジャクソン・ストリート…

続きを読む

community en ja

第9回(後編) 日本人ホテル業の発展

第9回(前編)を読む >>

日本人ホテル業への苦言

このような発展の中で、『北米時事』にはホテル業の発展を讃える記事と同時に、高いホテル代やホテル売買の行き過ぎに苦言を呈する記事も多く見られた。

 「日本人ホテル業跋扈(ばっこ)は将来の禍根とならむ (一)」(1918年10月16日号)

「日本人経営のホテル業は目下約250軒ある。海岸通りから第7街にかけて百余軒のホテルは日本人が経営している。南部シアトルの主なる労働者相手のホテルは殆んど日本人経営とみてよい。これらホテルの客は概ね白人労働者、殊に造船所に勤務する人を主とするものである。

ホテル業者が不親切にして白人客が日本人ホテルに対して反感…

続きを読む

community en ja

第9回(前編) 日本人ホテル業の発展

前回は1917年以降のシアトルの日本人理髪業発展に関する記事について紹介した。今回はシアトル日本人ホテル業の発展について2回に分けてお伝えしたい。


日本人ホテル業発展の歴史

シアトルの日本人ホテル業は、第2回でお伝えしたように1896年に森田万次郎によってはじめられたものが最初だ。1900年以降、シアトルの人口増加に伴って続々と日本人経営のホテルも誕生していった。日本人ホテル業組合議長だった沖山栄繁(えいはん)は、1919年1月1日号の新年特別版で日本人ホテル業発展の歴史について語っている。

「沙港(シアトル)同胞ホテル業の将来」(1919年1月1日号)

「1909年開設されたアラスカ・ユーコン太平洋博覧…

続きを読む

タグ

hotel business Japanese newspaper newspapers North American Times pre-war prewar Seattle