第8回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト

毎年行われているリトル東京歴史協会主催の「イマジン・リトル東京」ショートストーリー・コンテストは、今年で第8回を迎えました。ロサンゼルスのリトル東京への認識を高めるため、新人およびベテラン作家を問わず、リトル東京やそこにいる人々を舞台とした物語を募集しました。このコンテストは成年、青少年、日本語の3部門で構成され、書き手は過去、現在、未来の設定で架空の物語を紡ぎます。2021年5月23日に行われたバーチャル授賞式では、マイケル・パルマを司会とし、を、舞台俳優のグレッグ・ワタナベ、ジュリー・リー、井上英治(敬称略)が、各部門における最優秀賞を受賞した作品を朗読しました。

受賞作品


* その他のイマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテストもご覧ください:

第1回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト (英語のみ)>>
第2回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第3回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第4回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第5回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第6回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第7回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>

 

community en

The Throw

Reggie strolled through Little Tokyo, feeling content and happy in his favorite part of Los Angeles. Angular office buildings cut into the clear blue sky like sleek, indifferent businessmen. Below them, the streets buzzed. Reggie could feel the energy, the life under his feet. He cut through the Japanese Village Plaza, just because he wanted to walk under the little trees and red lanterns that seemed to gaze down like round, benevolent gods on the tourist shops, manga stores, hibachi restaurants, make-up salons, and kiosks selling hats featuring Japanese characters. The shopkeepers sweeping the sidewalks and calling out to one …

続きを読む

community en

A Walk Down Memory Lane

I’ve always thought that I was in touch with my community, and with the people that belong to it. I mean, I went down there every Saturday after bachan (my grandma) picked me up from Japanese school. I even went to Japanese school to indulge myself in Japanese culture! Well, that, and my mom and bachan insisted that I go. However, it wasn’t until bachan passed away that I truly began to understand the importance of community, and appreciate the true culture of Little Tokyo.

Bachan and I were always very close. Every Saturday after Japanese school, she would take …

続きを読む

community en

If You Can See the Watchtower

It’s a shame to rush through these streets. With its cozy plazas and meandering pathways, its shop windows stocked with colors and flavors, its nooks and crannies inviting you to get lost in them, Little Tokyo is meant to be strolled through. But, of course, these are days for nothing but rushing when it comes to leaving my apartment. Rush downstairs--avoid the elevator lest you might share the cramped space with someone--run to where you’re headed, for groceries, for provisions. And rush back.

Strolling is a luxury from a bygone era.

I’m rushing back from the market, rushing home …

続きを読む

タグ

fiction Fugetsudo Imagine Little Tokyo little tokyo short story contest watchtower yagura