ニッケイ物語8 — ニッケイ・ヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ヒーロー」という言葉は、人によって異なる意味を持ちます。このシリーズでは、日系ヒーロー、すなわち彼らが人々に与えた影響についてさぐってみました。あなたのヒーローは誰ですか?あなたのヒーローはあなたの日系アイデンティティまたは日系人とのつながりにどのような影響を与えましたか?

ディスカバー・ニッケイでは、2019年5月から9月までストーリーを募集し、11月12日をもってお気に入り作品の投票を締め切りました。全32作品(英語:16、日本語:2、スペイン語:11、ポルトガル語:3)が、アルゼンチン、オーストラリア、カナダ、日本、ブラジル、米国、ペルー、メキシコより寄せられました。

編集委員とニマ会のお気に入り作品はこちらです。


編集委員によるお気に入り作品:

ニマ会によるお気に入り作品:

当プロジェクトについて、詳しくはこちらをご覧ください >>


その他のニッケイ物語シリーズ:

#1: いただきます!ニッケイ食文化を味わう
#2: ニッケイ+ ~混ざり合う言語、伝統、世代、人種の物語~ 
#3: ニッケイ人の名前:太郎、ジョン、フアン、ジョアオ?
#4: ニッケイ・ファミリー: 記憶、伝統、家族観
#5: ニッケイ語:家族、コミュニティ、文化の言葉
#6: いただきます 2!新・ニッケイ食文化を味わう
#7: ニッケイ・ルーツ:私たちの文化の足跡をたどる

war es

Masao Iimuro: Fortaleza y ejemplo de una comunidad que superó la injusticia y la persecución

2007年に私が飯室正雄氏にはじめてお目にかかったときは、同氏のことはかなり把握してつもりである。同氏は、名古屋市出身で1940年末19歳で日本から出航してメキシコに向かったのだ。また、1942年5月に拘束された詳細な理由も、そしてその後にレクンベリのイスラ・マリア島刑務所からベラクルスのペロテ要塞に収監されたことも把握していたし、明かな起訴内容も公判審理もなく「危険外国人」として釈放される1949年まで7年間も刑務所で過ごしたということも知っていた。

アメリカ政府の一部は、20世紀初頭にアメリカに到着した日本人移住者はアメリカを侵略する帝国軍の「先遣隊」ではないのか見ており、その結果差別や迫害の対象になったのである。だからこそアメリカとメキシコは当時から1941年の戦争になるまでアメリカの諜報機関の主導で米州全土の日本人を監視し、追求したのである。

日系人と日本人を含む12万人がアメリカの収容所に移送されたことや飯室氏が収監されたことが、アメリカの日本人移住者に対する暴力的及び極端ともいえる措置の証である。だからこそ飯室氏自身の証言を得ることは、メキシコの歴史にとっても非常に重要なことであると思っていた。そしてなんとか探すことができ、インタビューをお願いしたのだがそれに対して断固として話したくないと断られてしまっったのである。しかし ...

続きを読む

identity en

A Moment in Time

As I gazed upon my mom’s old wooden hand mirror, I found that time has not been kind to my face. There were noticeable lines across my forehead, wrinkles around the corners of my mouth and dark spots of old age.

Whenever I held my dad’s old broken wrist watch against the windowpane, I noticed that time had stopped at 10:30 a.m. The face on the watch was made of glass which was dome shaped and tinted yellow with age. The numerals on its face were from 1-12, 13-24 by the hour and 5-60 by the ...

続きを読む

war en

The Hero I Never Met

My hero Is my late father-in-law Yoneto James Nakata. He was the father of my wife, Mary Nakata. She asked me to research her father’s life as she never knew him because he died when she was only six months old.

Over a period of 30 years, I came to know him through the few documents that Mary had. Yoneto Nakata was born in Sanger, California on November 25, 1918 to immigrants from Hiroshima, Japan. They worked in the San Joaquin Valley as farm workers, picking fruits such as grapes and peaches. But in 1925, his parents along with ...

続きを読む

community en

A Full Immersion in Today’s LA (Area) Japanese American Community

Being of only Japanese ancestry and growing up in the South Bay (Torrance) I have never questioned whether or not I belonged to the Japanese American community. My generational identity is that I am Yonsei (fraternal) and Shin Nisei (maternal), which put me in situations where I am more “Japanese” than my Yonsei friends, but not “Japanese” enough to really be a Nisei.

The social outlets that I found myself participating in within the JA community was playing basketball, doing Girl Scouts, and dancing hula. Although I do not practice Buddhism, a family summer tradition has always been to go ...

続きを読む

culture es

Planeta Watanabe: Influencias de un poeta nikkei

La poesía peruana ha dado grandes nombres (César Vallejo, César Moro, José Santos Chocano, Blanca Varela y siguen firmas) entre los que se ubica, sin ninguna duda, el escritor nikkei José Watanabe Varas (Laredo, 1945), cuya obra ha logrado influir en distintos creadores a partir de sus poemas, teatro, guiones de cine y literatura infantil, entre otros escritos. Conocer el ‘planeta Watanabe’ es adentrarse en un universo que sigue en expansión.

Libros que analizan su vida y obra, poetas que figuran una tradición literaria donde él es uno de sus principales representantes, cultores de su ...

続きを読む