マンザナールよさらば: 次世代に語り継がれる映画のDVD化

1976年、ジーン・ワカツキ・ヒューストン原作によるテレビ映画「マンザナールよさらば」がアメリカのNBCで放映されました。テレビ放映後、ほとんど人の目に触れることのなくなったこの映画は、全米日系人博物館により、この度DVD化されることになりました。

3回に渡ってお届けするこのコラムシリーズでは、映画が製作された1976年、そして35年後の現代におけるコンテクストでその重要性を分析し、全米日系人博物館がどのような経緯で、そしてなぜDVD化に乗り出したかを探ります。

第1部では、原作者であるジーン・ワカツキ・ヒューストンさんや博物館スタッフのコメントを通し、DVD化に至るまでの努力の道程を紹介します。第2部は、ジョン・コーティ監督へのインタビューです。なぜ彼がこのプロジェクトに携わることにしたのか、なぜキャストやスタッフの大半に日系人を起用したのか、そして映画が後世に残すことについて、監督の考えを伺いました。第3部では、映画が役者へ与えた影響に注目します。

media en ja

役者の視点

「マンザナールよさらば」は、ジーン・ワカツキ・ヒューストンさんと夫のジェームズD・ヒューストンさん共著による回想記を映画化した作品です。物語は、第二次世界大戦中、12万人の日系人が被った不当な扱いを、当時7歳だったジーンの視点からワカツキ家を中心に描いています。キャストとスタッフのほとんどに日系アメリカ人を迎え、アカデミー賞及びエミー賞受賞歴のあるジョン・コーティさんが監督しました。

1976年、「マンザナールよさらば」はNBCで放映され、映画は視聴者に強い衝撃を与えただけでなく、役者のその後の人生にも影響を及ぼしました。主要人物を演じたユウキ・シモダさん、ノブ・マッカーシーさん、パット・モリタさん、マコさんらは ...

続きを読む

media en ja

「マンザナールよさらば」 ジョン・コーティ監督へのインタビュー

         「常に世の中を変えたいという意志があったんです。」

1度のアカデミー賞と2度のエミー賞を始め、数々の映画賞に輝くジョン・コーティ監督は、映画界で素晴らしい成功を手にしてきました。しかしながら、彼の監督としての真髄は、「ハリウッド的成功」を超えたところにあります。「マンザナールよさらば」を手がけたコーティ監督は、初期の頃から社会正義をテーマとする作品に取り組み、反戦運動、人種差別、市民権運動、障害のある子供達との養子縁組などといった問題を映画の中で扱ってきました。

「マンザナールよさらば」は、第二次大戦中に強制収容された日系人家族を描いた、ジーン・ワカツキ・ヒューストン原作の小説を映画化したものです。ヒューストン夫妻とコーティ監督は、この映画で、ヒューマニタス賞 ...

続きを読む

media en ja

タイムレス & タイムリー

今から70年ほど前、日系アメリカ人を乗せた最初のバスがマンザナールに到着しました。彼らはカリフォルニア沿岸部の家を追われ、第二次大戦が終わるまで鉄格子の中に収容されました。収容所を取り囲む見張り塔には武装兵たちの監視の姿がありました。12万人のアメリカ市民及び在住者は、「日系」であることを理由に強制的に収容され、その悲劇のひとこまは、米国史に影を落としています。この出来事は、多くの人に未だ知られていない事実であり、多くにとっては知りたくない事実であり、しかしながら、どの時代にも増して今、皆が知るべき事実なのです。全米日系人博物館が「マンザナールよさらば」をDVD化する意義はここにあります。

1976年、NBC(現在のNBCユニバーサルまたはNBCU)は、ジーン・ワカツキ ...

続きを読む