パンアメリカン日系人大会&海外日系人大会 (2007)

このシリーズでは、2007年7月18日から21日にブラジル・サンパウロで合同開催されたパンアメリカン日系人大会と海外日系人大会に於けるレポートやプレゼンテーションなどを紹介しています。

migration en ja es pt

笠戸丸以前の移民小史

ブラジル日本移民百周年を前にして、ブラジル日本移民史料館は6月11日、「笠戸丸以前の渡伯者たち」という特別企画展を開きました。

この特別展は9階で開かれ、最初の公式移民(水野龍が推し進め、笠戸丸で渡航)が到着する前に、すでにブラジルに到着した人物たちを扱っています。

すなわち、最初の本格的な『葡和辞典』を作った大武和三郎、1906年に゙サンパウロの日本゙という店を開いた藤崎商会、判事・弁護士が前歴の隈部三郎一家の面々です。

大武和三郎と最初の葡和辞典

大武和三郎はクストーディオ・デ・メーロ艦長(後に海軍少将及び海軍大臣となる)に率いられ、アウグスト・レオポルド殿下 ...

続きを読む

identity en ja es pt

代表者会議基調講演「イノベーションの時代:ニッケイを知のパイプラインに」 (2)

>> その1

2.グローバル化の中で多様化進む日系社会

さてこの日系コミュニティですが、最近、日本で、海外日系社会を新しい観点から見直してみようという機運が出てきているように感じられます。かつて は、「日系」イコール「移住」と結びつけて見ていましたし、90年代以降は、日本に就労のために来られた在日日系人のイメージで見てきたように思われま す。

今年になって、私のところに海外日系社会を論じた2冊の本が送られてきました。一冊は『地球時代の南北アメリカと日本』と題するもので、もう一冊は 『南北アメリカの日系社会』です。これに先立ち ...

続きを読む

community en ja es pt

基調講演「イノベーションの時代:ニッケイを知のパイプラインに」 (1)

第48回海外日系人大会・第14回パンアメリカン日系人大会
「海外日系社会の原点に立ち、その発展と役割を求めて」

はじめに

ただ今、ご紹介いただきました上智大学外国語学部の堀坂浩太郎です。昨年5月から海外日系人協会の常務理事を務めています。

専門は、ブラジルを中心としたラテンアメリカの政治経済です。ラテンアメリカを研究していますから、移住や日系人、あるいは在日日系就労者の存在に 関心を持ち続けてきました。とはいえ、この分野を専門にしてきたわけではありませんから、「常務理事に」と声をかけていただいた時には躊躇したしだいで す。しかしよく考えてみますと、情報や金融だけでなく、人の移動やそれに伴う文化的な面においても急速に世界が一体化する、いわゆるグローバル化の傾向が 顕著となった今日、日系のあり方もまた変化しているのではないか ...

続きを読む

community en ja es pt

パンアメリカン日系人大会と海外日系人大会の合同大会開催による日系アイデンティティの発信

ブラジルサンパウロで7月14日から21日にかけて第48回海外日系人大会と第14回パンアメリカン日系人大会の合同大会が開催された。約500人 近い参加者が集った。ブラジルから245名、ペルー、パラグアイ、メキシコ、アルゼンチン、チリ、ボリビアなどのスペイン語圏からは156名、英語圏のア メリカ合衆国、カナダ、オーストラリアからは66名ほどの参加者であった。

今回はインドネシア、ベネズエラ、ニューカレドニアからも代表者が初めて参加した。約100世帯規模の日系社会であるウルグアイは、アルゼンチンとパラグアイの協力をもって2009年のパンアメリカン日系人大会の開催国となることに合意した。

サンパウロは人口約1900万人を抱える大都市であり、サンパウロ州にはは約150万人*の日系人がいるといわれており、日系人人口の大部分そこへ集中している。また、およそ31万人の日系ブラジル人はデカセギとして日本へ移住している ...

続きを読む

community en es pt

Contemporary Issues Facing Japanese American Communities

Today, a number of challenges face the Japanese American communities in the United States. At the core of these challenges is the fact that Japanese American communities have become increasingly complex, dispersed and diverse. No longer can we neatly define the Japanese American community by generations – Issei, Nisei, Sansei -- who share common beliefs and historical experiences. Previous definitions of what constitutes a “Japanese American” now seem totally inadequate as one-out-of-three Japanese American is of mixed ethnic or racial heritage, and the new post-WWII immigration of “Shin Issei,” or “New Issei” born in Japan and their American-born Nisei children, have increased ...

続きを読む