ブラジルの日本人街

「なぜ日本人は海を渡り、地球の反対側のこんなところにまで自分たちの街をつくったのだろう?」この問いを意識しつつ、筆者が訪れたブラジルの日本人街の歴史と現在の姿を伝えていく15回シリーズ。

community ja

第15回 (最終回) — 日本人街の現在と明日

サンパウロに行けば、「日本」に会える。サンパウロから約1000キロも離れた内陸ブラジリアの若者たちには、そんな共通認識がある。その「サンパウロ」は、ばくぜんと東洋街を指しているようだ。

今年2008年5月22、23日に行われた日本人カブキ・ロック・アーチスト雅(Miyabi)のコンサートには、筆者の教え子たちもブラジリアか ら駆けつけた。会場は東洋街エリアの中心の一つ、日本文化協会の大講堂だったが、チケットは1200席全席が二週間前に完売したという。文化協会前では、 コンサートの三日前から席取りのための長い列が見られたほどの大人気だった。地方から東洋街にやってきた雅のファンたちは、コンサートに熱狂した後の興奮 を持続させながら ...

続きを読む

community ja

第14回 華人系・韓国系の東洋街進出

最近、サンパウロ東洋街でよく耳にするのは、「ここが日本人街だったのは昔の話。今は中国人や韓国人ばっかりになってしまった」という日系人の嘆きであ る。繁体字や簡体字の看板だけ見て歩いても、華人系商店の進出のいちじるしさがわかる(写真14-1)。実際、ブラジル日本文化協会の古びたビルの、交差 点をはさんで斜め向いに2005年に建設されたブラジル客家活動中心(地上4階・地下3階)のモダンな姿は、東洋街における華人系プレゼンスの増大を視覚 的にも象徴している観がある(写真14-2)。

筆者が髪をカットしてもらっているコンセリェイロ・フルタード通りの若い理容師さんも、広東出身の華人ニューカマーである。ポルトガル語は、挨拶程 度 ...

続きを読む

community ja

第13回 カンタレーラ街-消えた日本人街-

以前にも述べたように、サンパウロには、「日本人街」と呼ばれたいくつかのエリアがあった(本連載第5回ピニェイロス地区参 照)。戦前から戦中にかけては、「コンデ界隈」と呼ばれたエリアがもっとも規模が大きく、ついでピニェイロス地区、その次が市立中央市場(Mercado Municipal=メルカード・ムニシパル)の周辺で、通りの名を取って「カンタレーラ街」と呼ばれていた(地図5-1参照)。

カンタレーラ街には、かつてコチア産業組合など日系産業組合や個別の仲買商の販売所、各種日系商店 ...

続きを読む

community ja

第12回 東洋街形成と一世リーダーたち(2) -水本毅-

「東洋街、東洋祭り、東洋市、鳥居の建立も、すずらん灯も、すべてミズモトの頭から出たんだよ…」

1973年から75年までサンパウロ市長を勤め、水本毅とともに東洋街を旗揚げしたミゲル・コラスオーノ元サンパウロ市長はそう語る。「新しいアイ デアがあると、黙っていられないらしくて夜遅くでも電話をかけてきた。おいミゲル、聴いてくれって…。そんな仲だったよ。ポルトガル語もずいぶん上手に話したよ」

東洋街のもう一人のパイオニア水本毅は、写真から見ると、角張った顔に大きなメガネをかけ、精力的で意志の強そうな表情をしている(写真 12-1)。前回紹介した田中義数(第11回へリンク)が小柄で軽快なイメージであったのに対して ...

続きを読む

community ja pt

第11回 東洋街形成と一世リーダーたち(1) -田中義数-

世界のどの移民史の局面でも、エスニックタウン形成の初期には、強力な指導力をもった大物リーダーが存在した。サンパウロ東洋街創設にかかわった日系大物リーダーといえば、まず思い浮かぶのが田中義数(1909~1979)と水本毅(1920~1989)であろう。

すでに書いたように(第6回「東洋街の形成と発展①」)、1953年、シネ・ニテロイがリベルダーデ広場からガルヴォン・ブエノ通りを少し下ったと ころ(現在の大阪橋の位置)に開業したことによって(写真11-1)、このエリアに日系商店が集まるようになり、のちに東洋街が形成される契機となった。 シネ ...

続きを読む