ニッケイ物語#2: ニッケイ+ ~混ざり合う言語、伝統、世代、人種の物語~

「ニッケイ」であるということは、本質的に、伝統や文化が混合している状態にあると言えます。

世界中の多くの日系コミュニティや家族にとって、箸とフォーク両方を使い、日本語とスペイン語をミックスし、西洋のスタイルで大晦日を過ごす傍ら伝統的な日本のお正月をお雑煮を食べて過ごすということは珍しいことではありません。

私たちは、「ニッケイ人」を、混合する伝統の断片からなる人々と捉えるのではなく、多様性に裏打ちされた豊かな文化やアイデンティティを持つ人々と肯定的に捉えています。

世界中の皆さんのパーソナルストーリーやエッセイ、回想記、学術論文、書評、その他の形式による文章を投稿いただき、世界中の日系人が、どのように多人種、多国籍、多言語、多世代の環境を生き、そしてそのことをどのように捉えているのかを共有したいと考えています。私たちの願いは、大勢の経験を共有することで、日系とは何者なのか、ということをより深く理解することです。

ニッケイ物語#2: ニッケイ+ (ニッケイ・プラス) ~混ざり合う言語、伝統、世代、人種の物語~」の企画ガイドラインに従い投稿された全ての作品は、「ニッケイ+」シリーズの一環としてディスカバー・ニッケイのジャーナルセクションに掲載されます。1人あたり複数の投稿が可能です。

投稿受付は、2013年4月1日から9月30日18時(太平洋標準時間)までです。.

 

ニマ会のお気に入り

全ての「ニッケイ+」への投稿記事は、ディスカバーニッケイ登録者によるお気に入り記事の選考対象になります。日本語、英語、スペイン語、ポルトガル語中からそれぞれ1作品をオンライン投票により選考し、4作品をディスカバー・ニッケイのニマ会のお気に入り作品として認定します。お気に入り投票の上位作品は、2013年12月に発表し、4言語に翻訳した後、2014年春にディスカバー・ニッケイのサイト上にて掲載されます。

 

主なトピック

この企画で取り扱う作品にふさわしいトピックとして、下記の質問を参考にしてください。(あくまでも参考ですので、今回のテーマに関連する限り、その他のトピックでも問題ありません。)

  • 日系アイデンティティは、出自、血統、家系によるものでしょうか?それとも、自己意識や帰属意識に起因するものでしょうか?

  • 家族との会話の中で、異なる言語を混ぜることはありますか?一文の中で混ぜていますか?

  • 複数の宗教や伝統が混在する日系人の結婚式や成人式、その他の儀式に参加したり、話しに聞いたことはありますか?

  • 例えばあなたの母親が一世、父親が三世の場合(または、別の組み合わせで複数世代が混合する場合)、ご自分は何世だと考えますか?複数世代の混合は、ご自身のアイデンティティ意識に影響していますか?

現在考えているトピックがこの企画に適切であるかどうかわからない場合、ディスカバー・ニッケイまでご連絡下さい。

 

投稿ガイドライン

「ニッケイ+」の企画に作品を投稿する前に、下記のガイドラインをご確認下さい。

作品

投稿作品は、経験、歴史、文化などニッケイに関連するものに限らせていただきます。作品は次に規定する長さ、形式、言語に従って下さい。

  • 文章形式: 個人的な物語やエッセイ、回顧録、学術論文、書評、その他散文。当企画では、詩またはビデオは受け入れられません。

  • 言語: 英語、日本語、スペイン語、ポルトガル語。

  • 長さ:
    英語、スペイン語、ポルトガル語の場合は、約600~1200語。
    日本語の場合は約800~1800文字。
  • 英語、スペイン語、ポルトガル語で記載の場合、外国語はイタリック体にして下さい。
    (例)My tio Frank made a bento for lunch.
    (*日本語の場合、その必要はありません。)

  • 文書は全てMicrosoft Word文書で提出して下さい。PDFや印刷文書は受け付けません。

  • 以前に出版・掲載された作品を投稿することも可能ですが、投稿者によってその作品の転載許可を取っていただいたもののみになります。ディスカバー・ニッケイにすでに掲載された作品は投稿できません。投稿作品に関しては、ディスカバーニッケイへ著作権が譲渡されることはありませんが、ディスカバー・ニッケイのサイトおよび「ニッケイ+」の企画と連携する他の出版物(電子または印刷)に掲載・出版する権利を、ディスカバー・ニッケイに許諾することになります。

「ニッケイ+」企画に該当しないものでも、ニッケイに関する作品であれば投稿可能です!
通常のディスカバー・ニッケイのジャーナル投稿ガイドラインをご確認下さい。

画像

投稿者の方には、作品に関連する写真を少なくとも1~2枚提出することをお勧めします。

  • JPGまたはGIFファイル― 72 dpiで、最低でも幅600ピクセルでお願いします。ご自分で画像のサイズを変更できない場合は、ファイルをお送り下さい。こちらで変更します。

  • あなたが著作権を保持する画像、または当該目的で使用を許諾されている画像のみを提出して下さい。

  • 必要な場合は、各画像に説明書きおよび(または)写真のクレジットを提出して下さい。

  • Word文書に画像を貼り付けず、画像は別のファイルにしてお送り下さい。

作者情報

  • 略歴は簡潔に3行~5行で、投稿文書と同じ言語で書き提出して下さい。

  • 日本語で提出の際には、名前にひらがなで読み仮名をふってください。

  • 作者の写真をJPGまたはGIFファイル― 72 dpiで、最低でも200x200ピクセルでお願いします。写真は正方形に切り取られます。ご自分で画像の切り取り・変更ができない場合は、ファイルをお送り下さい。こちらで切り取りをいたします。

  • 複数の作者による作品も受け入れてますが、その場合は全員の略歴と写真を提出して下さい。

 

募集締め切り

2013年4月1日から9月30日18時(太平洋標準時間)まで、随時受け付けを行います。投稿作品は5月頃から順次ディスカバー・ニッケイに掲載されます。最終締め切り日を待たず、早めの投稿をお待ちしております。

お一人で複数の作品を投稿することも可能ですが、E-mailによる提出のみ受け付けています。

提出書類チェックリストをダウンロードする (PDF) >>

免責条項: 提出された作品(写真なども含む)に関しては、DiscoverNikkei.orgおよび「ニッケイ+」の企画と連携する他の出版物(電子または印刷)に掲載・出版する権利を、ディスカバー・ニッケイおよび全米日系人博物館に許諾することになります。これにはディスカバー・ニッケイによる翻訳文書も含まれます。ただし、著作権がディスカバーニッケイへ譲渡することはありません。詳しくは、ディスカバーニッケイの利用規約またはプライバシー・ポリシー(英語/スペイン語/ポルトガル語のみ)をご参照ください。

 

準備はできましたか?今すぐ書き始めて、あなたの作品をディスカバー・ニッケイに提出してください!

全てのファイルはEditor@DiscoverNikkei.org にご提出下さい。
Eメールの件名には「Nikkei+ -(連絡先の名前・ローマ字)」とお書きください。

質問等ございましたら Editor@DiscoverNikkei.org までご連絡ください。

 

今回の企画をまとめるのを手伝ってくれたパトリシア・ワキダさん、素敵なロゴをデザインしてくれたジェイ・ホリノウチさん、提出原稿の校正、編集、掲載、当企画の宣伝活動などをサポートしてくれる素晴らしいボランティアの皆さん、本当にどうもありがとうございます!

en ja es pt

怒れるハパ少女の柔道ダイアリー

チャンダ・イシサカ

52

en ja es pt

風前の灯火

中島 エドアルド剛

37

en ja es pt

コウキチさん

ラウラ・ホンダ・ハセガワ

35

en ja es pt

「Mabuyá」という幸運の震え:幼少時代の思い出として残るオバーの習慣

ミラグロス・ツカヤマ・シンサト

33

en ja es pt

寿司とサルサ、サボテンと竹

ドロシー・ユミ・ガルシア

31

en ja es pt

ご飯と福 −新年と新しい伝統を迎えて−

ジェリ・オカモト・タナカ

29

ja pt

ジュリアのJAPÃO発見

ラウラ・ホンダ・ハセガワ

19

en ja es pt

日系フィリピン人の思い出写真

タミコ・ニムラ

19

en ja es pt

文化の狭間で

リンダ・クーパー

17

en ja es pt

ニジヤマーケットのSHOKUIKU活動 〜アメリカの日本食文化継承を通した食育活動の将来について考える〜

後藤 麻美

17

en

Sammy's Shitkickers

サカエ・マニング

17

en

Documentary Explores Being “Hafu” in Japan

スーザン・ハマカー

16

en ja es pt

多民族アイデンティティーを「知る」こと:ヴァージル・ウエストデール氏に関するフィールドノート

ジェームス・オング

15

en

アメリカ人のお宅 (American Otaku)

ジャクソン・ブリス

13

en es

A Japanese Chief

島袋 盛徳,  ルイス・タカノブ・シマブクロ

13

en

A Hapa Girl In Vietnam

タニ・ミツイ・ブラウン

12

en

Japanese and Jewish Food Come Home to Brooklyn

タミオ・スピーゲル

11

es

Un Alcalde oriundo de Okinawa

ルイス・タカノブ・シマブクロ,  島袋 盛徳

11

en

4-Sei What? That’s Mixed Up

ショーン・ハマモト

9

en

Living in the Overlap

ローラ・ナカムラ

9

ja pt

キムチとカブとニンニク

宮村 秀光

9

en

Memory Says

ロクサナ・スドウ

9

ja pt

雨に濡れた『てるてる坊主』

ラウラ・ホンダ・ハセガワ

8

en

Cross-Culture A La Carte

エドワード・モレノ

7

en

“I’m not half, I’m whole!”

スティーブン・マーフィー重松

7

en

Japanese or American? Let me decide who I am!

大塚美那

7

en

What Tribe You From, Brother?

リリー・ユリコ・ナカイ・ハビー

7

en

Karami: A new product that’s an old Japanese American twist ...

ギル・アサカワ

6

en ja es pt

塀一つ隔てた2つの家庭

セリア・サクライ

6

en

Ted Tokio Tanaka: Meeting Architectural Challenges with a Global Vision

メーヤ・マッカーサー

5

en

My Japanese Jewish Girl Fears

フランチェスカ・ユカリ・ビラー

5

en

My Laborious, Glorious, and Ultimately Futile Self-Education

ニコラス・ブラウン

4