アルベルト・松本

(あるべると・まつもと)

アルゼンチン日系二世。1990年、国費留学生として来日。横浜国大で法律の修士号取得。97年に渉外法務翻訳を専門にする会社を設立。横浜や東京地裁・家裁の元法廷通訳員、NHKの放送通訳でもある。JICA日系研修員のオリエンテーション講師(日本人の移民史、日本の教育制度を担当)。静岡県立大学でスペイン語講師、獨協大学法学部で「ラ米経済社会と法」の講師。外国人相談員の多文化共生講座等の講師。「所得税」と「在留資格と帰化」に対する本をスペイン語で出版。日本語では「アルゼンチンを知るための54章」(明石書店)、「30日で話せるスペイン語会話」(ナツメ社)等を出版。2017年10月JICA理事長による「国際協力感謝賞」を受賞。2018年は、外務省中南米局のラ米日系社会実相調査の分析報告書作成を担当した。http://www.ideamatsu.com 


(2020年4月 更新)

migration ja es

南米の日系人、日本のラティーノ日系人

移民労働の受入れ議論が再燃

2014年現在、この日本で30年前と同様に一部の業界で発生している人手不足を理由に、外国人労働者の受入れ議論が展開されている。2020年の五輪開催に必要なインフラ建設、既存のインフラ補修、東日本の震災後の復興事業、新規交通網のインフラ整備等、老朽した住宅や公共施設の解体や耐震補強等、ほとんどが建設関連の事業であり、かなり深刻な人手不足である。90年代初期のバブル崩壊後、建設業界は大きな影響を受け公共事業も大幅に削減されたため、建設会社の数も半分以下になり、多くの従業員が転職を余儀なくされた結果、若い技能労働者もあまり育っていないという。この15年間で180万人がこの業界を離れ、就業者の3分の1は50歳以上である。

こうした中、景気回復や上記の事業によるニーズで労働者が足りない状況になっており、同じようなことが外食産業、小売業、運輸、介護にも及んでいる。その結果、パートやアルバイトという非正規雇用でも深夜や休日労働には人が足りない状態が深刻化している ...

続きを読む

community ja es

南米の日系人、日本のラティーノ日系人

日本のグローバル人材 パート2

「南米の日系人はグローバル人材か?」

前回のパート11では、「グローバル人材」とは、「(1)語学力・コミュニケーション能力、(2)主体性・積極性、チャレンジ精神、協調性・柔軟性、責任感・使命感、(3)異文化に対する理解と日本人としてのアイデンティティー」だと定義した。しかし企業は、「海外の事業所で自立的・自主的に発言・行動できる」「多様な考えを持つ人と協調して仕事を進められる ...

続きを読む

community ja es

南米の日系人、日本のラティーノ日系人

南米の格差と治安、そして日系人たち ~その2

その1を読む >>

南米諸国で、格差のほかに懸念材料となっているのが治安である。これは、ほとんどの国で悪化しており、経済成長とは裏腹に社会の安全が脅かされている。

財政的基盤が弱い国は制度的に統治機関が貧弱であり、慢性的汚職体質が警察、検察当局をはじめ、ほぼすべての役所に広がっており、そのため司法も機能不全に陥っている。そして多くの国や地域では麻薬カルテルの違法活動が社会の隅々まで浸透しているため、暴力が蔓延している。

メキシコでは、2006年から2012年までの間麻薬闘争の被害で殺害された人が7万を超えている。つい最近国連開発計画(UNDP-PNUD)が作成した人間開発地域報告2013-2014では、詳細にラ米の治安問題が分析されている。その一部の概要は次の通りである。

1)2000年から2010年の間に記録されている殺人事件は、100万件である。調査対象18カ国中11カ国で、10万人中10件の事件が発生している ...

続きを読む

community ja es

南米の日系人、日本のラティーノ日系人

南米の格差と治安、そして日系人たち ~その1

中南米諸国の経済成長には光と影がある。その影は独立前からの構造的な要素も含まれているのかも知れないが、建国以降常に指摘されてきた市民の教育問題や社会の治安問題が改めてクローズアップされている。近代国家になってから階級社会の格差も多少改善されたところもあれば、むしろ拡大したところもある。

ほとんどの国が幾度かの「革命」を体験してきたが、今もその「革命」とやらを継続している国々が存在する。より公平で社会正義を満たすための政治行動であったが、軍政権と民政を、右派と左派政権を繰り返し、ようやく30年前ぐらいから多くの国が民主制度を確立してきたといえる。それでも、いまだに独裁制の強い国もあり、選挙が実施されても健全な政権交替がないところもある。国レベルだけではなく、地方自治の方が前近代的な名残りを受け継いでおり、「大名」のように何世代にも渡って複数のファミリーがその地域の政治、司法、産業、メディア等を掌握しており ...

続きを読む

community ja es

南米の日系人、日本のラティーノ日系人

近年の南米の経済成長と日系人たち

中南米諸国は2年前から地域の平均成長率が3%前後に低下するなど多少低迷していたが、近年の経済成長率は10%前後上昇することも珍しくなく、穀物や鉱物資源の価格高騰によって今は消費市場としても有力視されている。

ブラジルは一人当たりの年間平均所得が12,000ドル、失業率は4.6%(ここ数十年でもっとも低い)、輸出額は24兆円で、新興国の中ではリーダー的存在であり国内総生産GDPも230兆円相当という日本の半分近くまで追いつき、ラテンアメリカ(以下、ラ米)諸国全体の半分を占めている。この国やペルー等の新たな中産階級は誰もが注目したい市場である。

ペルーの人口は3,000万人、GDPが20兆円相当、一人当たりの平均年間所得が6,500ドルで、コロンビアは、4,600万人 ...

続きを読む