福田 恵子

(ふくだ・けいこ)

大分県出身。国際基督教大学を卒業後、東京の情報誌出版社に勤務。1992年単身渡米。日本語のコミュニティー誌の編集長を 11年。2003年フリーランスとなり、人物取材を中心に、日米の雑誌に執筆。共著書に「日本に生まれて」(阪急コミュニケーションズ刊)がある。

(2008年2月 更新)

media ja

日本人俳優、ハリウッドに挑戦 その1

ハリウッドで活躍する日本人俳優として思い浮かべるのは、誰だろう?ジョージ・タケイ?彼はアメリカ生まれの日系人であって正確には日本人ではな い。では、「ヒーローズ」で一躍ブレイクしたマシ・オカ?彼は日本生まれの日本人だが、幼い頃にアメリカに移住してアメリカで教育を受けている。

10年以上前のことになるが、アメリカ人に「日本人で最も有名な俳優は?」というアンケートを取った結果が日本のテレビ番組で放送されていた。アメリカ人が選んだ第一位は、何とブルース・リーだった。確かに同じアジア人ではあるが…。

近年で最も活躍が認められている日本出身の俳優は、渡辺謙だろう。彼は日本でのキャリアも長く、「ラストサムライ」に出演したことで一躍 ...

続きを読む

migration ja

難民として米国移住した日本人たち その4: 渡米2年で郷里に家が建った-小屋喜生さん-

>>その3 (西屋国弘さん)

ロサンゼルス郊外ノースリッジで引退生活を送る小屋さんは串木野市出身。1955年、難民移民枠を適用し、夫婦で渡米してきた。

串木野では、戦争中に落とされた爆弾で実家を焼失、一間のバラック家に家族と親戚10人で寝起きしていた。仕事は農業。グリーンハウスで野菜を育て ていた。しかし、急激なインフレ下でどんなに働いても暮らしは楽にならない。そんな時、市役所でアメリカ行きの話を耳にした。すぐにその話に飛びついた が、難民と認定されるまでに時間がかかった。しばらく待たされた後、ルース台風で農業が被害を受けたことで晴れて難民枠に入ることができた。

小屋さんは他の移住者とは異なり、妻を伴って渡米した。目的地の西田キャンプでは、夫は農場で ...

続きを読む

migration ja

難民として米国移住した日本人たち その3: 努力すれば報われる国-西屋国弘さん-

その2 (宮内武幸さん)>>

ロサンゼルス空港に近いウェストチェスター在住の西屋さんは、構造設計が専門である。彼もまた難民として渡米してきた一人である。

西屋さんは鹿児島県串木野市の出身。小学校を出るとすぐに日本通運の事務所に就職した。「同じ事務所で、旧制中学を出た人と同じ仕事をしていても、学歴から来る差別がある。それが嫌だった」。そんな時、農業研修生としてアメリカを見てきた内田善一郎さんから「アメリカは素晴らしい国だ」という話を聞かされた。どんどん夢が膨らんだ。自分もアメリカに行けば将来を変えることができると思えた。

申請する少し前に鹿児島にデラ台風が上陸した。その災害が適用されて難民救済法で渡米できることになった。1956年のことだった。西屋さんは早くに父親を亡くし、母一人子一人だったが、母は「お前の将来にかかわることだから好きなようにしなさい」と背中を押してくれた ...

続きを読む

culture en ja

草月ほどクリエイティブな芸術はない:武市治子さん

素材に踏み込むことで新しい世界が広がる

夫が経営する、ロサンゼルス近郊のアルハンブラの設計事務所でインテリアデザイナーを務める武市治子さんが、草月流に入門したのは1980年。生き た植物を使ってデザインする生け花に新鮮さと魅力を感じ、以来28年間、インテリアデザインの仕事と二足の草鞋を履いて取り組み続けた。

1989年に師範として指導許可を取得、さっそく日英両語で教え始めた。「どこの国の方でも、お花を習いたいという方は、何か芸術的なことを勉強し ている人が多いですね。陶芸や絵画を習っていた、建築をやっていたなど。でも、最初から自由に生けられるわけではありません。基礎のコースをしっかり学び ます。その間は、生ける角度など制限があることに、『草月は自由じゃないのか。これは草月じゃない』と ...

続きを読む

migration ja

難民として米国移住した日本人たち その2: 日航機が太平洋就航した年に渡米-宮内武幸さん-

>> その1 (難民移民誕生の経緯) 

難民救済法によって渡米してきた鹿児島県出身者は約300名。その中の1名が、日置郡出身、現在はモントレーパークに暮らす宮内武幸さんだ。鹿児島 では狭い土地を切り開く開拓農業に従事していた宮内さんにとって、広大なアメリカの大地での就労は願ってもないチャンスに思えた。そして、1955年10月、日本航空が初めて太平洋線を就航させた年に、宮内さんは日航機で海を渡った。

彼の目的地はサンフランシスコの内陸にあるデラノキャンプ。人手が必要なブドウの収穫期を前に、1日でも早く着くようにと、経営者が飛行機代を立て替えてくれたと言う。当時のお金で750ドルだった。

「日本では役場の日当が285円。1ドル360円の時代。つまり、飛行機代の750ドルは、2年以上の年収に相当する金額だった」

飛行機はハワイに立ち寄った後、サンフランシスコ空港に到着した ...

続きを読む