山口 正明

(やまぐち・まさあき)

千葉県南房総市千倉町在住。NPO法人安房文化遺産フォーラム研究員。千倉町の地元に残るカリフォルニア州モントレーのあわび事業に関連する写真、手紙、資料を元に、地道に地域とアメリカとの交流に関して調査を続けている。


(2015年1月 更新)

community ja

太平洋を渡ったあわびダイバーたち

南房総の若き水産業の専門家、小谷仲治郎が太平洋を越えカリフォルニア州モントレーへ旅立ったのは、1897(明治30)年のことである。南房総と同じ緯度にあるモントレーには大量のあわびが生息していた。

日系人排斥の機運が高まるなか、佐賀県多久市出身の野田音三郎は、日系人が職を得て自活しうる一方策として、大量のあわびを採取し干しあわびを作って、カリフォルニア州内の中国人への販売や日本へ向けて輸出しようと考えた。静岡県富士郡出身の雑貨商井出百太郎の資金援助を受けて、日本にあわび専門家の派遣を要請した。

水産伝習所(現東京海洋大学)卒業生の小谷仲治郎に白羽の矢が当たり、仲治郎と兄の源之助は渡米した。小谷兄弟は、モントレーの冷たい海水に対応するため、器械式潜水服を用いたが、これが北アメリカでの潜水器漁業の発祥となった。

1902年にモントレーの南に位置するポイントロボスに、缶詰会社を設立した。しかし事業は、日露戦争での日本の勝利にアメリカで反日感情が高まり ...

続きを読む