手呂内 朱梨

(てろうち・あかり)

津田塾大学学芸学部国際関係学科所属。2016年3月より1年間のピジネス留学プログラムに参加し、シアトルの日系新聞「北米報知」の記者としてインターンを経験する。帰国後は大学に復学し、2019年3月卒業予定。

(2017年2月 更新)

politics en ja

日本人外交官杉原千畝 — 救った6千人の命

CMEグループ名誉会長レオ・メラメド氏の感謝

金融先物取引商品、電子取引システムの創設者として有名なシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループのレオ・メラメド名誉会長は2014年、安倍晋三首相、福井県敦賀市長、早稲田大学を訪問した。ポーランドのユダヤ人家庭に生まれた彼は、日本人外交官、故杉原千畝の発行した「命のビザ」でナチスによるユダヤ人虐殺から逃れた一人であり、杉原の人道的決断に敬意を表し、ゆかりのある団体や自身の思い出の土地を訪れた。


命のビザ――杉原に託されたユダヤ人の運命

1900年、岐阜県の一般家庭に生まれた杉原は、早稲田高等師範部卒業後、外交官留学生試験に合格、公費で勉強を続けた ...

続きを読む

politics en ja

グローバル国際社会と重国籍

昨年9月、日本の民進党所属参議院議員蓮舫氏の重国籍問題が日本世論を騒がせたことは記憶に新しい。この一件で、日本社会で重国籍に関する問題が大きく取り上げられたが、同時に日本国民の国籍選択への理解不足が露呈した。アイデンティティや法制度上の手続きなど様々な面で重国籍者が抱える悩みは多いが、日本社会においてその関心度は未だ低いままだ。

同一件は、東京都内在住の男性が、公正証書原本不実記載等未遂の罪で蓮舫氏を東京地検に告発、問題が発覚した。同氏は日本国籍と台湾国籍の重国籍者だったが、台湾籍を喪失した事実がないにも関わらず、外国籍の証明と誤信させる書面を添付し「外国国籍喪失届」を提出、戸籍簿に不実の記録をさせようとしたというものだ。

日本国籍法第14条は、重国籍者は原則22歳までに国籍選択を行うように定め、16条で日本国籍を選択した場合、外国籍の離脱に努めなければいけないと規定している。蓮舫氏は「17歳当時、父親とともに台湾籍の離脱手続きを行い受理されたと思っていたが、実際は手続きが未完了だった ...

続きを読む