郷 崇倫

(ごう・たかみち)

オレンジコースト大学、カリフォルニア州立大学フラトン校、横浜市立大学にて、アメリカ社会の歴史、日系人社会の歴史を含めるアジア大洋州系アメリカ人社会のを学ぶ。現在はいくつかの学会に所属しつつ、独自に日系人社会の歴史、とりわけ日系人社会と日本社会を「つなぐ」ために研究を継続している。また外国に「つながり」をもつ日本人という特殊な立場から、現在の日本社会における内向き志向、さらには排外主義の風潮に警鐘を鳴らしつつ、日本社会における多文化共生について積極的に意見を発信している。

(2016年12月 更新)  

community ja

マンザナーへ、そしてマンザナーから

第3回 「運命の扉」が開いた瞬間

生まれて初めてマンザナーを訪れてから約1年が経ちました。私はオレンジ・コースト大学を卒業後、カリフォルニア州フラトン市にあるにあるカリフォルニア州立大学に転学し、本格的に日系史の勉強を始めることになりました。当時、フラトンの大学では、オーラル・ヒストリーを通じた日系アメリカ人の歴史の研究で知られるアート・ハンセン先生が教鞭をとっており、先生のもとで勉強ができる機会を大切にしたいと私は考えていました。

フラトンの大学に通いはじめて数ヵ月後、学部の先生たちから、マンザナーの資料館で実習生を募集している、ということを私は知らされました。日系人の歴史を理解するにあたり、とても大切な経験になると思い、生まれて初めて英語で履歴書を用意し、私はすぐに応募しました。ハンセン先生をはじめとする学部の先生たちや、大学の国際教育交流事務所の職員のみなさんの手助けもあり、2005年の12月から2006年の1月にかけての4週間、私はマンザナーで実習生として働くことが決まりました。

2005年の12月19日の早朝、私はマンザナーに向けて車を走らせました ...

続きを読む

community ja

マンザナーへ、そしてマンザナーから

第2回 はじめてのマンザナー訪問

2004年の8月9日。この日、私は生まれて初めてマンザナーを訪れました。

朝の4時頃にオレンジ郡を出発し、数時間車を運転し、朝の9時少し前にマンザナーにたどり着きました。フリーウェイ14号線を運転しているときに見た、目が痛くなるような輝かしい朝日や、モハビ砂漠のなかにまるで置き去りにされたかのように保存されている使われなくなった飛行機の奇妙な光景は、今でもよく覚えています。

マンザナーに到着した時、私は目の疲れを少し感じていました。朝日がとても強かったのです。眼のなかにある視神経が焼かれてしまうような気分でした。そして、車から降りたとき、私を待ちかまえていたかのように、暑さが私の体全体を覆いました。サウナの中で我慢を強いられているような気分でした。周りにあるのは砂と山と道路だけ。その他には、何もありません。そんなところにマンザナーはつくられたのです。

私は、自分の視界を大きく広げながら ...

続きを読む

community ja

JAリビングレガシー = 皆様の声のために

長い間、日系アメリカ人の歴史の研究は、第2次世界大戦時の戦時転住問題(強制収容所)や日系二世の第442部隊に重点が置かれてきました。そして、日系アメリカ人のが残した歴史の証言(オーラルヒストリー)もまた、それらに関するものがほとんでした。

しかしながら、日系アメリカ人の歴史はとても多様なものです。強制収容所のことや第442部隊以外の日系アメリカ人の歴史にも触れる必要があります。

JAリビングレガシーは「語られなかった」日系アメリカ人の歴史を、オーラルヒストリーによって解明させることを活動目的にしています。そして、そ れらの歴史を海外に発信するための活動も始め、昨年、日本事務所を設立しました。そして、太平洋をまたいだ「オーラルヒストリーのかけはし ...

続きを読む

community ja

マンザナーへ、そしてマンザナーから

第1回 「さらばマンザナー」から始まった私の長い旅

「さらばマンザナー(Farewell to Manzanar )」は、ジーン・ワカツキ・ヒューストンさんがマンザナー収容所 での自らの体験をもとに書いた小説です。後に歴史教育の一環として、カリフォルニア州の学校教材としても採用されました。この小説によって、多くのアメリ カ人が戦争中に日系アメリカ人が強制収容された事実を知ることになりました。

「さらばマンザナー」を読むまで、私自身、アメリカの日系人の歴史について知る機会がありませんでした。日本の歴史については関心がありましたが、 日系アメリカ人について知る機会があまりなかったのです。そんな私が、あるきっかけで「さらばマンザナー」を読んだことで、これからは日系アメリカ人の歴 ...

続きを読む

politics ja

アメリカに正義を―NCJARの「討ち入り」

戦時中の日系アメリカ人の強制収容に対するレーガン大統領の公式な謝罪は、正義を求め続けた日系アメリカ人の長い戦いに区切りをつけました。

1975年、ササキ・ショウスケさんらによって、強制収容に対する賠償と補償を請求することを目的にSERC(シアトル強制収容賠償請求委員会)が 結成されました。発起人のひとりであるヘンリー・ミヤタケさんがシアトル計画を発案しました。シアトル計画とは、個人単位の一定額の賠償金と、強制収容さ れた期間に基づいて算出された補償金の獲得を目指すものです。SERCは早速、ロビー活動を開始しました。当時は多くの日系アメリカ人が賠償を勝ち取るこ とは叶わぬ夢だと考えていたため、地元シアトルでの支持を得ることさえままならぬ状況でしたが、まもなくシカゴの日系人社会がSERCの活動に興味を示し てきました。そして、シカゴで公民権運動に取り組むウィリアム・ミノル ...

続きを読む