高木(北山)眞理子

(たかぎ きたやま まりこ)

愛知学院大学文学部教授。専門はアメリカ研究、特にアジア系アメリカ人の歴史と社会。早稲田大学第一文学部西洋史専攻卒業。東京外国語大学大学院にて国際学修士取得。ハワイ大学大学院にてM.A. in sociology とPh.D. in sociologyを取得。主要論文「俳句・短歌から見る日系移民の姿(1930年〜1960年)——ハワイ島を中心に」(2007)、「俳句・短歌・川柳を通して見る一世女性の心情——ハワイ社会史の一ページとして」(2008)、「芙蓉会——ワシントン大学における日系女子学生会と日米戦争」(2013)など。

(2013年 9月更新) 

community ja

Speaking Up! Democracy, Justice, Dignity

働いて、働いて、働いて、そして立ち上がったハワイの人びと: 歌句に詠まれた日系一世の声 - その2/2

その1を読む >> 4.第二次大戦後 反共の中、労働者の平等をめざして 組合の組織化や労働争議も、アメリカが世界大戦に参戦するにいたって、一旦足踏み状態になる。だが、終戦後間もなく、ハワイの労働者は、正当な権利を手に入れるべく立ち上がるのである。労働者の組織化をすすめた港湾労働者の組合ILWU(International Longshoremen’s and Warehousemen’s Union)のトップにはアメリカ本土からの白人アメリカ人、そしてそのもとに、ハワイ生まれのアジア系やハワイ系の比較的若い労働者が集まった。特に砂糖プランテーション労働者が、このILWUのもとに組織化されたのは画期的であり、その組織化に尽力したのは、若い日系二世であった。 1946年、戦前ハワイの最大の産業であった砂糖産業の中心であるプランテーションで、民族や文化背景の違いを越えた労働者によるストライキがついに成功を収めた。そしてその3年後1949年、今度は波止場や倉庫の労働者がILWUのもと団結してストを決行し、6ヶ月間と長引いたものの、結果的に成功を収めた。これは、ハワイの民衆の歴史という視点からは画期的なできごとであるが、この出来事を、一世の歌詠みたちはどのように表したのであろうか。 ILWUが46年にプランテーションでのストを成功させると、その後、ハワイでは、労…

続きを読む

community ja

Speaking Up! Democracy, Justice, Dignity

働いて、働いて、働いて、そして立ち上がったハワイの人びと: 歌句に詠まれた日系一世の声 - その1/2

1.はじめに 19世紀末から20世紀始めにかけて、アメリカ西海岸と同様、ハワイにも多くの日本人移民が渡った。そして1900年にはすでにハワイ全人口の40パーセント近くを日系が占めるまでになっていた。 1910年代までは、砂糖プランテーションの労働者の多くが日本人移民であった。19世紀末から20世紀初頭は労働条件が特に悪く、砂糖プランテーションでは、日本人移民が中心となった特に大規模なストが1909年と1920年の2回にわたって行なわれた上、他のエスニック・グループのストも行なわれた。しかし、砂糖産業を握る5大企業Big Fiveの力は大きく、労働者側の勝利になることはほぼなかった。労働争議を起こすことは、労働者にとってはかなりのダメージになったのである。1920年のスト以降、オアフ島ではストに参加した日本人労働者が元のプランテーションに戻らず、ホノルルの街に出て仕事を始めたり、借地をしてキビ作りをしたり、別の仕事につくものもいた。 この報告では、1930年代の短歌、俳句、川柳の中から、まずサトウキビ畑の労働の様子や情景を詠ったものをざっと見る。次に、当時の世相や労働状況を一世の歌人がどう見ていたのか、それがわかる歌を紹介する。 そして、1930年代から40年代にかけて、ハワイの労働状況はどうだったのか、その概略を述べ、第二次世界大戦後、平等をめざして立ち上がった労働運動…

続きを読む

この筆者が寄稿しているシリーズ