カトリーナ・サンギネッティ・タチバナ

(Katrina Sanguinetti Tachibana)

プラジャアンチャ大学多言語観光経営学の責任者であり教員でもあり、バルパライソ地域の日系人会の会長でもある。国家女性局の地域局長、地域政府の総務部長、観光局の地域局長、そしてバルパライソ市の市議員を歴任した。

(2012年10月 更新) 

food en ja es pt

ニッケイ物語 #1: いただきます!ニッケイ食文化を味わう

日本の味を、日系人の記憶に残し継承する

お碗に入った白いご飯と六画マークが商標であるキッコーマン醤油の香りが、私の日系人としてのルーツです。それらを思い浮かべると、私はまるで魔法にかかったかのように、鹿児島出身だった祖父ノボル橘・鎌田(Noboru Tachibana Kamada)と一緒に食べた日本食を思い出し、祖父と過ごしたあの幸福な空間に瞬時に逆戻りします。私はチリの日系三世ですが、この国に移民した日本人は非常に少なく我々も希な存在なのです。

祖父は、祖母アウリステラ・バレンスエラ・ジェベネス(Auristela Valenzuela Yevenes)と結婚し、チリの港町バルパライソ市内のブランコ通り1742番に住んでいたと記憶しています。窓が大きい、オーシャンビューの家でした。当時 ...

続きを読む