佐々木 剛二

(ささき・こうじ)

佐々木剛二(ささき・こうじ):東京大学大学院総合文化研究科博士課程。文化人類学的な視点から日本とブラジルを巡る移住の諸問題を研究。カンピーナス州 立大学国際移住研究センター、サンパウロ人文科学研究所に所属しながら、ブラジルでフィールドワークを行ってきました。現在は特にブラジル日系社会におけ る移民知識人の研究に取り組んでいます。

(2008年11月 更新)

community ja

2008年とブラジル日系移民の過去、現在、未来

「私たち一人ひとりの中の日本 (O Japão em Cada Um de Nós)」

今年六月、ポルトガル語でそう書かれた広告がサンパウロ市内中心地の地下鉄の駅で多く張り出されたのを見かけた。これは市内で開催された日系移民を テーマとしたある展示会のタイトルである。しかし、「私たち一人ひとりの中のブラジル」とは一体、何のことだろうか。ポスターを通り過ぎたあと、しばらく 考えさせられた。

これを主催したブラジルの大手銀行は、もちろん日本からブラジルへ年間数十億ドルの送金を行う「デカセギ」と ...

続きを読む