ギャビー・オオシロ

(Gaby Oshiro)

アルゼンチンのブエノスアイレスで生まれ、イタリアのトレヴィーゾで育つ。両親の影響でビジュアルアーツや音楽を好む。トレヴィーゾで美術学校卒業後、音楽や絵画、接写をとおした研究をはじめ、それをもとにアートインストレーションを行っている。裸眼では見ることのできないとらえどころのない美を常に追求している。彼女のウェブサイトブログはこちらです。

(2016年3月 更新)

politics en ja pt

日系人失踪者:アルゼンチンの良心に再び現れた人々 - その2

その1を読む >>

私の家族は大変な思いをしました。父を探してくれるよう警察に助けを求められるようなことではありませんでした。警察も国家テロに加担していたからです。一体どのようにしてそれができたのかは分かりませんが、母は他の失踪者の家族を見つけてきました。母は日中出かけて夜遅く帰って来ました。祖母テレサと私はよろい戸から外を伺い、母が戻ったら階段を下りて車庫の重い金属ドアの開閉を手伝うため、母の車の音が聞こえるのを待ちました。

このような日々は、延々に続くように思われました。母も独裁政権に連れ去られるのではないかという恐怖と隣り合わせで生きていました。両親とも失った子供たちも大勢いました。私の母は強い女性でした。自分の考えを口にすることを恐れず、目の前に誰がいても気にしませんでした。祖母も私もそれを知っていたので、母の命が狙われるのではないかと心配でした。本心を語れば大きなトラブルに巻き込まれるか、もっとひどいことになる可能性のある時代でした。

母は、フアン・カルロス・ヒガの姉 ...

続きを読む

politics en ja pt

日系人失踪者:アルゼンチンの良心に再び現れた人々 - その1

1977年4月21日の夜、武装した14人の私服の男が、私の父の事務所に押し入り、父ともう一人の弁護士を連れ去りました。複数の目撃者によると、男たちは父をフォード・ファルコン(軍と警察の専用車)の後部座席に乗せ、走り去たそうです。

その夜私は、母ベバと弟のレオナルドとアコイテ通りのアパートの8階にいました。コンロで何かが煮えていました。食卓の準備は整っていましたが、その夜食事をした記憶はありません。何かが起きていました。母は緊張し、ほとんど口を開きませんでした。それは妙なことでした。母は私とのおしゃべりが大好きだったからです。

私はソファに座り、毛布に包まりテレビを見ていました。母は何も言いませんでしたが、父を待っているということは分かりました。母はじっと時計を見ていました ...

続きを読む

politics es

Mis Viejos

¿Qué es plagio? Plagio es copiar obras ajenas, dándolas como propias sin acreditar de manera explícita de dónde viene la información (Real Academia Española).

Cuántas veces soñé tener una historia familiar distinta para contar. Ojalá me hubiesen acusado de plagiar a alguien para no tener que hacerme cargo de mi realidad. Cuántas veces mentí a extraños para no tener que contar qué le había pasado a mi viejo, en realidad no sabíamos mucho, más allá de lo que contaron algunos testigos, que un grupo de tareas armados, vestidos de ...

続きを読む

politics es

Takashi - Part 5

Lea parte 4 >>

El  retorno

En el año de 1992 mi mamá de repente tomó la decisión de volver a la Argentina. En febrero mandó a mi hermano a Buenos Aires porque se aproximaba la fecha del comienzo de clases y no quería que Leo se atrasara un año de la escuela secundaria. En ese momento no me hice preguntas, solo le dije que si quería volver para que estemos los cinco juntos, es decir mis abuelos maternos y nosotros tres, estaba de acuerdo. Teníamos que vender el laboratorio, mandar un contenedor por ...

続きを読む

politics es

Takashi - Parte 4

Lea parte 3 >> 

Las Madres de Plaza de Mayo 

Beba, mi madre, se metía siempre por todos lados, sin temerle a nadie, hacía preguntas inconvenientes, peligrosas para los tiempos que corrían. Yo sentía miedo por ella. Como necesitaba saber que hacía en esas horas que me quedaba en compañía de mi abuela, le rogaba que me llevara con ella. En una de esas veces fuimos a marchar con las Madres de Plaza de Mayo. Se trataba de caminar en silencio alrededor de la Pirámide de Mayo, frente a la misma Casa Rosada. Recuerdo ...

続きを読む