ジュンコ・オガタ・アギラル

(Jumko Ogata Aguilar)

ジュンコ・オガタ・アギラールはベラクルス出身の日系四世。現在メキシコ自治大学でラテンアメリカ学科を専攻。ベラクルス日本人移住や彼らのアイデンティティや多様な文化的側面について研究している。

(2018年10月 更新)

identity es

ニッケイ物語#7 — ニッケイ・ルーツ:私たちの文化の足跡をたどる

Cartas de Miyako. Ser nikkei en Veracruz

私はジュンコ・オガタです。約一年前までは「ニッケイ」という言葉が存在することさえ知りませんでした。移民としてやってきた祖母の父親については、幼い頃祖母が話をしてくれました。曽祖父の名前はジンペイ・オガタ(後にカトリック教の洗礼を受けたのでマリアーノという名前をもつ)。石炭鉱山で働くためにメキシコにやってきました。しかし、その仕事はあまりにも過酷で非人間的であったため、別の仕事を求めてそこを逃げ出したそうです。

数年後、ベラクルスのサントゥアリオ・デル・クリストネーグロとして知られているオタティトランという街に辿り着きました。そこで身寄りないルペ・アギラールという女性と知り合い結婚、7人の子供をもうけました。しかし、子供達に日本語を教えたり、日本語で話しかけたり、日本の伝統や日本においてきた家族について話すことは一切ありませんでした ...

続きを読む