長野 幸

(ながの・さち)

パラグアイ、アンバイ移住地生まれ。小学4年生のとき、移住地から町の学校に移り、新しい環境と教師のもと充実した日本語学校生活を過ごす。1982年にはスペイン語高校を卒業し、地元から500Kmほど離れた首都アスンシオンへと旅立った。

Updated July 2009

community ja

アマンバイとわたし ~アマンバイ社会とその自然に育てられ~

1956年に開拓されたパラグアイのアマンバイ移住地。ここに生まれた著者は、1970年代頃の移住地の貧しくとも、豊かな自然と穏やかな人情があった様相を振り返り、その記憶をたどります。

パラグアイ国アマンバイ移住地50年誌に書いた、私の思い出

どこまでも続く青空の下、赤土の土手をおしりで滑り降りる。顔にあたる風が涼しい。夢中に滑っていると、おしりのあたりがスースーして来て、「やばい、またやぶってしまった。」と今までの爽快感が一気に罪悪感に変わってしまう。私は、シリグエロの学校に通う小学1年生である。行きは母が途中まで送ってくれるのだが、帰りはこうして一人ブラブラとアマンバイ山脈にむかって坂道を下っていく。

今日は、土手上に一直線にきれいに生えている植物をみつけた。1列ひきぬいてみた。ズボッ、ズボッ、ズボッ ...

続きを読む