村川 庸子

(むらかわ・ようこ)

敬愛大学国際学部教授。津田塾大学国際関係学研究科博士課程修了。学術博士(国際関係学)。専門は日米関係史、日米比較文化論、日系アメリカ人史。主要著書・論文:『アメリカの風が吹いた村』(愛媛県文化振興財団、1987年)、「境界線上の市民権」『移民研究年報』第7号(2001年)『境界線上の市民権.日米戦争と日系アメリカ人』(御茶の水書房、2006年)祖父母が戦前にアリゾナにいたことから、日系アメリカ人の歴史に興味を持つ。

(2010年9月 更新)

migration ja

「北針」研究会

大正初年、現在の愛媛県八幡浜市から近海漁業用の船でアメリカへの密航を図った人びとがいた。外務省外交史料館所蔵の「本邦人海外へ密航関係雑件」綴の中に米国移民局における取調調書や、サンフランシスコ総領事館から外務大臣に宛てた報告書、現地の新聞の切り抜き、船や乗組員の写真が残されていた。生命の危険をおかす特殊な形の移民だけに、背景にはよほど強い移民送出の要因があるに違いない。数年がかりの愛媛での現地調査を踏まえて、1987年に『アメリカの風が吹いた村:打瀬船物語』を上梓した。

外交史料館に資料が残る5回の打瀬船の航海のうちの1艘が船出した八幡浜市真網代から「北針研究会」(代表:松浦有毅)設立の話が届いたのは1994年、趣意書にはこの打瀬船航海を「豊かなアメリカ大陸に夢とロマンを胸にひめ、この浦人の若者が死と背中合わせの危険と対決し」たものであり「私たちの体中にはこの熱い血を受け継いでいることを誇りたい ...

続きを読む

community ja

シアトル・タコマ今昔

シアトルとタコマはアメリカ西北部に位置するワシントン州の、州内第一・第三の都市である(州都はオリンピア)。シアトルはイチロー、マイクロソフト、スターバックスなどで日本にも馴染みが深く観光客も多い。アメリカでも一、二といわれる良港をもつタコマと共に、初期の日本人移民が多く移り住んだ地域でもあった。両市共に天然資源に恵まれ、19世紀半ばからは製材所が林立し、1887年のアラスカのクロンダイクのゴールドラッシュで人口は急増し、鉄道交通や東洋貿易で潤った。その後も第一次世界大戦を絶頂とする造船業やシアトルのボーイング社が牽引した飛行機産業、そして現在、マイクロソフト、アマゾン、グーグル、AT&Tなどを擁する、アメリカ西北部最大の経済圏に成長した。2000年現在の人口はそれぞれ約60万人、20万人となっている。

シアトルの日本人移民のパイオニアの一人とされる西井久八 ...

続きを読む

war ja

アメリカの戦後補償(リドレス)

1988年8月10日、レーガン大統領が市民の自由法(Civil Liberties Act of 1988)に署名した。日米戦争中に強制立ち退き・収容された日本人移民および日系アメリカ人に対し公式に謝罪し、各自に2万ドルを支払うというものであった。軍事的必要性と日系アメリカ人の保護を名目とした強制収容が、実はアメリカが掲げる自由と公正の侵害であったと公式に認められた日であった。リドレス(redress)という耳慣れない言葉が使われた。金銭による補償(reparation/compensation)ではなく「過ちを正す」ことを意味するという。

この法律が成立するまでには長年の紆余曲折があった。議会を通過したときも、大統領が署名したときも ...

続きを読む

war ja

「忠誠」の意味

1990年に公開されたハリウッド映画『愛と悲しみの旅路』(アラン・パーカー監督)は、アイリッシュ系の夫を持つ二世の女性を主人公に、彼女が娘に戦前・戦後の家族の体験を語って聞かせる形で、強制収容政策に翻弄される人びとの姿を描き出した。日系社会の情報を当局に流したのではないかという周囲の疑惑の目に追い詰められて自殺する一世の父親、アメリカへの忠誠を示すために従軍する長男と政府への反発から収容所内の抗議運動に加わる弟。終盤、家族に長男の戦死の報が届き、戦後、次男はひとり日本に「送還」される。映画は「アメリカへの不忠誠=日本への忠誠」というありがちな判断を避け、日々の生活の中で極めて現実的な選択をしていく人びとの動きを淡々と描いていく。

1943年2~3月、収容所で忠誠登録が行われた ...

続きを読む