ケン・ムカイ

(Ken Mukai)

広島県出身の父を持つ日系アメリカ人二世。ムカイ氏はウェストロサンゼルスで育ち、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA) を卒業した後、JETプログラムの英語講師として2年間日本に滞在した。その後ロサンゼルスに戻り、ロサンゼルス市統合教育区の高校で14年間科学を 教えている。2004年には、フルブライト・プログラムでサウスアフリカに赴任し、教鞭をとった。2005年、若い世代による広島県人会の付属団体ヒロケンの設立に携わった。

(2009年4月 更新)

community en ja

広島県人会とヒロケンを通して経験したこと

私の父、司(つかさ)は広島県出身の一世で、1960年に渡米しました。父は、アメリカへの到着と同時に広島県人会のメンバーとなり、以来、積極的 に県人会の活動に参加し続けています。私には男兄弟が2人と妹が1人いますが、私たちが子供だった70年代から80年代にかけて、父は毎年恒例の県人会ピ クニックに私たちを連れていきました。ピクニックのことはあまりよく覚えていませんが、当時の私はいやいやながら参加していたような気がします。 (アーリーンは山口県人会のピクニックをとても楽しんでいたようですが、 私にとっての県人会ピクニックはそれほど楽しいものではありませんでした。)私が高校生になる頃には、私たち兄弟妹は誰もピクニックに参加しなくなってい ました。そしてその後20年間、私は広島県人会にかかわることはほとんどありませんでした。実際私は、1992年に大学を卒業するまで ...

続きを読む