森マサフミ

(もり・まさふみ)

1965年名古屋生まれ。大阪大学卒(文学士)。2002年に渡米し、現在はロサンゼルス在住。2009年より映画、ドキュメンタリー、ドラマの字幕翻訳を始める。2012年にノンフィクション作品、『ハリウッドを笑い飛ばせ』(小学館集英社プロダクション)を発表。現在はさまざまなエンタテイメント・コンテンツの日本向けローカライゼーションの品質管理専門家として活動している。『巻きすの神様』は、初のフィクション作品。

(2017年9月 更新)

food ja

イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト IV

巻きすの神様

今夜、引退する私は、えも言われぬ罪の意識にさいなまれている。

ここリトル東京で寿司を握って55年… いや、正確には巻いて55年と言うべきかもしれない。1963年、私があの“トリプルTロール”を考案して以来、世界は劇的に変わってしまった。

当時まだ寿司は、日系人と一部の食通だけのものだった。一般のアメリカ人は生魚に抵抗を示しており、海苔は黒い紙のようだと気味悪がって、わざわざはがして食べる客もいたほどだ。本格的な江戸前寿司を売りにしていた私の店には閑古鳥が鳴き、明日にでも廃業しそうな状況だった。

もうすぐ2人目の子供が生まれるっていうのに、ここで店をたたむわけにはいかない。奮起した私は、起死回生の新メニューに取り組んだ。

生魚が苦手なら、代わりに天ぷらはどうだ?味は流行りのテリヤキソースでパンチを効かせよう ...

続きを読む