ソウジ・カシワギ

(Soji Kashiwagi)

ソウジ・カシワギ氏は、日系アメリカ人の体験を題材に、戯曲、記事、コラム、エッセイを多数執筆しています。カシワギ氏の著作の多くが第二次世界大戦中の日系アメリカ人コミュニティの強制収容を扱っています。カシワギさんはグレートフル・クレーン・アンサンブルの劇作家、創設メンバー、製作総指揮者です。

(2015年5月 更新)

community en ja es pt

絆:ニッケイ・ストーリー ~東日本大震災から~

おたがいさま

私は日本の文化や慣習のエキスパートではありませんが、震災後の日本を見ていると、日本は、そして日本人は、いつか必ず復興し、それぞれの生活を取り戻すだろうと確信しています。私がそのように考える理由は、日本人の精神に深く根付いている、ある考え方、そして生き方があるからです。

それは、互いに支え合う「おたがいさま」という概念です。

震災直後から今に至る日本人の行動を表すのに、「我慢」や「仕方がない」、「頑張ろう日本」という奮い立たせる言葉よりも、「おたがいさま」という表現がふさわしいと思います。テレビには、屋根に避難する人々に手を差し伸べ、全く知らない者同士が助け合う姿がありました ...

続きを読む

culture en ja es pt

「餅つき」という伝統:昔ながらの餅作り

アメリカ人にとって、感謝祭に七面鳥が欠かせないように、日本人や世界中に住む日系人のお正月には、美味しくてアツアツのお雑煮は欠かせません。感謝祭とお正月で明らかに違うのは、感謝祭で七面鳥を食べなければ不運や不幸に見舞われるということはありませんが、お正月のお雑煮には幸運の象徴が詰まっているのです。

お正月にお雑煮を食べれば、一年を通して、幸運と長寿、幸福が訪れると日本では何世紀も前から言われてきました。もしお雑煮を食べなければ...それは、誰もが避けたい不運に見舞われる可能性を意味します。

お雑煮を食べる習慣は日本で始まり、カリフォルニアから南アメリカに至る各地へ日系人が持ち込み、何世代にも渡って継承されてきました。もはや元旦はお雑煮なしには始まりません。

2011年1月1日、カリフォルニア州ルーミスの私の両親の家に、家族や友人24人が集まりました。お箸とお餅の入ったお椀を手に添えて、美味しいお雑煮でお腹は満たされました。お正月が訪れたのです。

でも ...

続きを読む

food en

In Search of “Chinameshi”

We call it “Old School Chinameshi,” this Cantonese version of Chinese food that Japanese Americans have been eating long before WWII, and several decades after. You won’t find it in most Chinese restaurants today—the homyu, the pakkai, the almond duck…But you mention these dishes to Japanese Americans who remember, and all of a sudden mere words conjure up powerful memories of tastes and smells. With these words, come vivid images of a time gone by, of family who have passed, leaving us longing for that special taste, the trigger that will take us back to the way ...

続きを読む

war en

Book Review: INFAMY: The Shocking Story of the Japanese American Internment in World War II

Why, you might ask, do we need yet another book about “camp”? Richard Reeves, author of the recently released INFAMY: The Shocking Story of the Japanese American Internment in World War II, explains his reasons in the book’s introduction: “I finally decided to write this book when I saw that my country, not for the first time, began turning on immigrants, blaming them for the American troubles of the day. Seventy years ago, it was American Japanese, most of them loyal to their new country; now it is Muslims and Hispanics.”

With what’s happening today as his motivation ...

続きを読む

community en

絆:ニッケイ・ストーリー ~東日本大震災から~

Grateful Crane Ensemble’s Goodwill Tour to Tohoku, Japan

“How was your trip to Japan?” 

It’s a question I’ve been asked several times since we returned from our Goodwill Tour to Tohoku last month.

“It went really well,” I would say. But after that, I would have a hard time finding the words to describe it.

“It wasn’t like your typical tour of Japan,” said one of our group members.

This is true. We did do some sight-seeing, but the sights to see in the tsunami-affected towns of Minamisanriku and Ishinomaki are not pretty. The debris has been cleared, but what remains is just mile after ...

続きを読む

この筆者が寄稿しているシリーズ