堀切 徹

(ほりきり・とおる)

1929年、カリフォルニア州ロサンゼルスに生まれる。1931年、反日運動が盛んになる中、子どもの将来を心配した父が、家族全員で日本へ帰国すること決意。生後18ヶ月にして、日本へ渡る。1952年18歳の時、アメリカへ帰国。以来アメリカで生活を送る。現在はカリフォルニア州ローズミード在住。

(2014年5月 更新) 

sports ja

一世たちの野球

日本人の野球好きは衆知の事だが、若き頃の一世たちはどうであったろうか。日系野球創生の頃を探ってみたい。

LAに日系野球チームが誕生したのは1904年(明治37年)。当時タイムス・ビルに同居していた羅府新報社の南加野球チームがそれで、メンバーには主筆の斉藤紅丹、藤田東洋、佐藤、原瀬、雑賀が名をつらね、翌5年には一世球史に輝くスタープレーヤーの吉瀬権(都城町)、税所篤義(都城・早稲田・スタンフォード中退)、鈴木喜一(鬼亭・千葉県・早稲田)の3人が参加した。球場は旧サンタフェー停車場の対岸(ボイルハイツのロサンゼルス河畔と東一街の南 ...

続きを読む

war ja

朝鮮戦争を戦った帰米二世

朝鮮戦争に従軍した日系兵士は意外と多く、第100大隊、422部隊、MISの先輩に続けとばかり勇敢に戦い、246名もの尊い命を祖国に捧げた。この中に第2次大戦を日本で経験し、戦後米国に戻ってきた帰米二世達がいる。 その1人、鹿児島の万世町で幼少期を過ごした阿久根四郎氏に、スポットを当ててみたい。

1930年8月2日、万世村小湊出身の阿久根一郎・ユキエ夫妻の四男としてターラック市で生まれ、3才のおり家族と両親の故郷に渡る。終戦の年の4月、三田尻にあった海軍通信学校に入学。卒業と同時に佐世保第2海兵団に配属、ここで終戦を迎え万世に帰る。50年6月20日の朝鮮戦争勃発のニュースを帰米途上の東京で知り、横浜から船で桑港向け発つ。

この時期の四郎(以下敬称略)の心理状態はどうであったのか?

-- 終戦で危ない命をとりとめたのに、徴兵義務のある米国に渡ったら ...

続きを読む

culture ja

八島太郎さんの桜島

桜島の油絵を土産に貰い、その額縁を注文に行った店先で八島太郎さんに初めてお目にかかった。東京オリンピックの頃で、それからは中学20期先輩のお宅を訪ねたり、食事だ、一杯だの骨董屋冷やかしまでした嬉しい歳月が続くことになる。

暮れなづむとき
桜島(やま)ひときわやさしく

これは1日に7色変わる桜島、その春夏秋冬を滋養にしてきた八島さんの色紙、桜島の絵に添えられた句である。

二人きりのときの鹿児島語(弁)を交えた茶目ぶりの大サービスは、それこそ桜島ではないが凡庸な後輩にしては、ずいぶんと優しくされていた。政治・文学・芸術と話題は多彩、鹿児島の今昔や風物、それに共通の方々の消息も、お陰でこちらに来てから得た鹿児島知識は多い。卓抜な話術に濃い内容 ...

続きを読む